Windows

タスクマネージャーでCPUのコア毎の使用率を確認する

投稿日:

最近はデュアルコア(=コア2)、クアッドコア(=コア4)が当たり前になってきました。
プログラマーもそれなりのコードを書かなくてはいけない場面も多いと思います。

Windows8なら、タスクマネージャーを使用して、簡単にCPUのコア毎の使用率を確認できます。

1.タスクマネージャーを開く
2.パフォーマンスタブを選択する。
3.CPUグラフを選択する。
4.グラフを右クリックしてグラフを変更 > 論理プロセッサを選択。

taskmanager1

これでCPUのコア毎の使用率が確認できます。
私のCPUはデュアルコアなので2つのグラフで確認できまた。

taskmanager2

ちなみに私は仕事ではWindows7ですが、個人ではWindows8を使用しています。
(たまにMacも・・・)

Windows8、デザインで評判を落としている感じがありますが、私は結構きにいってますよ :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

Windowsで時刻の同期間隔を設定する

Windowsで時刻の同期間隔を設定するにはレジストリを更新するだけです。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\T …

windows

タスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

タスクスケジュールに別サーバーへログファイルを移動するバッチを登録する、などよくある話です。 例えば、Aサーバーにはログがたまっていて、Aサーバー上では毎朝3時にBサーバーのバックアップフォルダにログ …

windows

リモートPCのサービスを操作する

遠隔地のPCのサービスを再起動したい場合って、ほとんどないのですがたまにあります。 そもそもPC Anywhere等をインストールしていればよいのですが、そうしたソフト自体がフリーズすることがあるから …

windows

タスクの継続時間

INDEX1 タブの継続時間と詳細設定の継続時間の違い2 分単位で実行させる3 継続時間を1日よりながくすると・・・ タブの継続時間と詳細設定の継続時間の違い タスクの継続時間は2つあります。 タブの …

apple

Mac用HFS+の外付けディスクをWindowsで共有する

MacとWindowsで、共有の外付けハードディスクを使用したい・・・。 しかしMacで使用しているHFS+というフォーマットの外付けはWindowsではドライブの認識すらしてくれません。 一番簡単な …