Windows

タスクマネージャーでCPUのコア毎の使用率を確認する

投稿日:

最近はデュアルコア(=コア2)、クアッドコア(=コア4)が当たり前になってきました。
プログラマーもそれなりのコードを書かなくてはいけない場面も多いと思います。

Windows8なら、タスクマネージャーを使用して、簡単にCPUのコア毎の使用率を確認できます。

1.タスクマネージャーを開く
2.パフォーマンスタブを選択する。
3.CPUグラフを選択する。
4.グラフを右クリックしてグラフを変更 > 論理プロセッサを選択。

taskmanager1

これでCPUのコア毎の使用率が確認できます。
私のCPUはデュアルコアなので2つのグラフで確認できまた。

taskmanager2

ちなみに私は仕事ではWindows7ですが、個人ではWindows8を使用しています。
(たまにMacも・・・)

Windows8、デザインで評判を落としている感じがありますが、私は結構きにいってますよ :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

Windowsのライセンス認証でこのプロダクトキーは既に使用されていますと表示される

自作PCでマザーボードを交換しました。 OSはvistaです。 するとコンピューター>プロパティ のライセンス認証をしようとすると、 『このプロダクトキーは既に使用されています』 と表示されて認証でき …

windows

連続していないパーティションの変更

Windows8を使用しています。 コンピューターの管理>ディスクの管理を使うと、 簡単にパーティションサイズの変更ができます。 しかしここで落とし穴がありました。 連続していないパーティションは結合 …

windows

Microsoft Update

Windows Updateを使ったことのないWindowsユーザーはいないでしょう。 結構しらない方が多いのがMicrosoft Updateです。 Windows UpdteはOSのアップデート。 …

windows

c# EventWaitHandle が反応しない!?

スレッドを利用したプログラムで、 スレッド側での処理を待たせて、必要に応じて開始する場合には、 1.特定のフラグをポーリングする 2.EventWaitHandle を利用する。 の2つが考えられると …

windows

batファイル名の落とし穴・・・連続実行されてしまう

windowsのコマンドプロンプトを少しかじったことがあればxxx.batという名前のバッチファイルなるものを作成することがあるでしょう。 コマンドをバッチファイルにしておけば、 ダブルクリックで実行 …