猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

タスクマネージャーでCPUのコア毎の使用率を確認する

投稿日:

最近はデュアルコア(=コア2)、クアッドコア(=コア4)が当たり前になってきました。
プログラマーもそれなりのコードを書かなくてはいけない場面も多いと思います。

Windows8なら、タスクマネージャーを使用して、簡単にCPUのコア毎の使用率を確認できます。

1.タスクマネージャーを開く
2.パフォーマンスタブを選択する。
3.CPUグラフを選択する。
4.グラフを右クリックしてグラフを変更 > 論理プロセッサを選択。

taskmanager1

これでCPUのコア毎の使用率が確認できます。
私のCPUはデュアルコアなので2つのグラフで確認できまた。

taskmanager2

ちなみに私は仕事ではWindows7ですが、個人ではWindows8を使用しています。
(たまにMacも・・・)

Windows8、デザインで評判を落としている感じがありますが、私は結構きにいってますよ :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

コマンドプロンプトの文字コードを変更する

めったに必要ありませんが、 コマンドプロンプトの文字コードはデフォルトではShift-jisです。 androidやwebの開発等でUTF-8にしたい場合もあります。 現在の文字コードを確認するには …

windows

タスクの継続時間

INDEX1 タブの継続時間と詳細設定の継続時間の違い2 分単位で実行させる3 継続時間を1日よりながくすると・・・ タブの継続時間と詳細設定の継続時間の違い タスクの継続時間は2つあります。 タブの …

windows

Windowsの時刻の同期間隔を変更する

Windowsでは時刻の同期間隔がデフォルトでは7日です。 通常のPCだったらいいのですが、 サーバーであったり、内部にNTPサーバーがあれば1時間毎ぐらいにはしたいと思います。 そこで下記レジストリ …

windows

batファイル名の落とし穴・・・連続実行されてしまう

windowsのコマンドプロンプトを少しかじったことがあればxxx.batという名前のバッチファイルなるものを作成することがあるでしょう。 コマンドをバッチファイルにしておけば、 ダブルクリックで実行 …

windows

pingのTTLでOSを判別する

pingのTTLを見ると、簡単なOSの判別が可能です。 これは私のPC(Windows)と、そのPC上で起動させているCentOS(linux)へそれぞれpingを打った時のものです。 TTLが128 …