猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

タスクマネージャーでCPUのコア毎の使用率を確認する

投稿日:

最近はデュアルコア(=コア2)、クアッドコア(=コア4)が当たり前になってきました。
プログラマーもそれなりのコードを書かなくてはいけない場面も多いと思います。

Windows8なら、タスクマネージャーを使用して、簡単にCPUのコア毎の使用率を確認できます。

1.タスクマネージャーを開く
2.パフォーマンスタブを選択する。
3.CPUグラフを選択する。
4.グラフを右クリックしてグラフを変更 > 論理プロセッサを選択。

taskmanager1

これでCPUのコア毎の使用率が確認できます。
私のCPUはデュアルコアなので2つのグラフで確認できまた。

taskmanager2

ちなみに私は仕事ではWindows7ですが、個人ではWindows8を使用しています。
(たまにMacも・・・)

Windows8、デザインで評判を落としている感じがありますが、私は結構きにいってますよ :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

Window8.1の外付けハードディスクの外し方

私はいつも外付けハードディスクやUSBメモリの取り外しには、 画面右下にあるUSBアイコンより「○○○の取り外し」 を選択してからとりはずしていました。 しかし、気づけば何故か外付けハードディスクの文 …

windows

Windowsのrouteに設定するインターフェイスのindex番号の確認方法

routeを追加する windowsでルートを登録するのは 宛先:192.168.2.10/255.255.255.0 Gateway:129.168.0.254 インターフェイス:0x001 の場合 …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …

windows

telnetでポートが開いていることを確認する

インターネット上でテストをする際には、 ルーターでpingを返さないことはざらにあります。 そんな場合でも、相手のアプリが指定したポートだけは開けていなくては話になりません。 そんな場合にはtelne …

windows

Outlook ExpressからOutlookへ移行する

今回紹介するのは、OutlookExpressから同じ端末に入れたOutlookへの移行方法です。 OutlookExpressのデータをエクスポートして、別端末のOutlookにインポートするのは面 …