Windows

コマンドプロンプトからexeを起動したときの戻り値(終了コード)を取得する

投稿日:2013年9月12日 更新日:

コマンドを実行したときの結果は
echo %ERRORLEVEL%
で確認することができます。

しかし自分で作成したexeの終了コードを取得するには
start /wait で実行しましょう。

start /wait を指定しないと、exeを起動した後終了をまたずに完了してしまうので、
exeからの終了コードを反映してくれません。

 
C:>start /wait xxx.exe
C:>echo %ERRORLEVEL%
1

ちなみにC#でしたら

System.Environment.Exit(1);

のようにして終了すれば終了コードを呼び出し元に返してくれます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

route deleteで削除できないルート

route deleteで削除できないルートがあります。 それは、 ネットワーク接続 > プロパティ > インターネット プロトコル XXX   > プロパティ > 詳細設定 によって設定されているI …

windows

タスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

タスクスケジュールに別サーバーへログファイルを移動するバッチを登録する、などよくある話です。 例えば、Aサーバーにはログがたまっていて、Aサーバー上では毎朝3時にBサーバーのバックアップフォルダにログ …

windows

コマンドプロンプト(バッチ)で日時を使用する

ログやファイル名にやっぱり付けたいのが日時です。 INDEX1 文字列の抜き出し2 文字列の置き換え3 日時を取得するバッチ 文字列の抜き出し c:\>echo %date% %time% 20 …

windows

Windowsのrouteに設定するインターフェイスのindex番号の確認方法

routeを追加する windowsでルートを登録するのは 宛先:192.168.2.10/255.255.255.0 Gateway:129.168.0.254 インターフェイス:0x001 の場合 …

PHPでは文字列の比較に==を使用してはいけない

==を使用しても、文字列の比較にはなりません。 必ず「===」もしくは「strcmp」を使いましょう! 否定する場合は「!==」です。 もし「==」とすれば”00″は&#822 …