猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

コマンドプロンプトからexeを起動したときの戻り値(終了コード)を取得する

投稿日:2013年9月12日 更新日:

コマンドを実行したときの結果は
echo %ERRORLEVEL%
で確認することができます。

しかし自分で作成したexeの終了コードを取得するには
start /wait で実行しましょう。

start /wait を指定しないと、exeを起動した後終了をまたずに完了してしまうので、
exeからの終了コードを反映してくれません。

 
C:>start /wait xxx.exe
C:>echo %ERRORLEVEL%
1

ちなみにC#でしたら

System.Environment.Exit(1);

のようにして終了すれば終了コードを呼び出し元に返してくれます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

Windowsのライセンス認証でこのプロダクトキーは既に使用されていますと表示される

自作PCでマザーボードを交換しました。 OSはvistaです。 するとコンピューター>プロパティ のライセンス認証をしようとすると、 『このプロダクトキーは既に使用されています』 と表示されて認証でき …

windows

PDFのサムネイルを表紙のページにしたい

Windowsの64ビットOSを使用していると、 PDFのサムネイルがただのAdobeのアイコンになってしまいます。 苦労して自炊をし、電子本棚を作成しようとおもっている方にとっては致命的な現象です。 …

windows

Microsoft Update

Windows Updateを使ったことのないWindowsユーザーはいないでしょう。 結構しらない方が多いのがMicrosoft Updateです。 Windows UpdteはOSのアップデート。 …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …

windows

連続していないパーティションの変更

Windows8を使用しています。 コンピューターの管理>ディスクの管理を使うと、 簡単にパーティションサイズの変更ができます。 しかしここで落とし穴がありました。 連続していないパーティションは結合 …