猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

コマンドプロンプトからexeを起動したときの戻り値(終了コード)を取得する

投稿日:2013年9月12日 更新日:

コマンドを実行したときの結果は
echo %ERRORLEVEL%
で確認することができます。

しかし自分で作成したexeの終了コードを取得するには
start /wait で実行しましょう。

start /wait を指定しないと、exeを起動した後終了をまたずに完了してしまうので、
exeからの終了コードを反映してくれません。

 
C:>start /wait xxx.exe
C:>echo %ERRORLEVEL%
1

ちなみにC#でしたら

System.Environment.Exit(1);

のようにして終了すれば終了コードを呼び出し元に返してくれます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

Microsoft Update

Windows Updateを使ったことのないWindowsユーザーはいないでしょう。 結構しらない方が多いのがMicrosoft Updateです。 Windows UpdteはOSのアップデート。 …

windows

csvの数値をエクセルで正しく表示する方法

csvファイル(カンマ区切りファイル)をエクセルで開くと、 先頭のゼロが消えたり、勝手に日時に変換されたり面倒です。 それを理解した上で、 文字列として開いてくれたり、いっそのことメモ帳で開いてくれる …

windows

Windowsの時刻の同期間隔を変更する

Windowsでは時刻の同期間隔がデフォルトでは7日です。 通常のPCだったらいいのですが、 サーバーであったり、内部にNTPサーバーがあれば1時間毎ぐらいにはしたいと思います。 そこで下記レジストリ …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …

windows

コマンドプロンプト(バッチ)でファイル毎の処理をする

forでファイル毎の処理をする コマンドプロンプトのforには強力な/Fオプションがあります。 set yyyy=%date:~0,4% set mm=%date:~5,2% set dd=%date …