映画

映画「蒲田行進曲」★★★★★(5)

投稿日:2013年7月7日 更新日:

往年の名作です。

ダメ役者ヤス(平田満)が、大物俳優の銀ちゃん(風間杜夫)から、
子供ができたということで、彼女の小夏(松坂慶子)を嫁にしろという展開から、
ヤスが一念発起していきます。

「(小指をたてて)コレがコレなもんで(おなかが大きい)!」
と言いながら無茶な役をどんどん引き受けて行く姿と映像に、
底抜けの明るさを感じる名作です。

[flv:https://ips.nekotype.com/wp-content/uploads/2013/07/yasu.flv 320 180]
※AdobeFlashがないと動画は見れません

そしてただバカだったヤスも、
小夏を思うあまり銀ちゃんとの関係に苦しみます。

そしてついに、
命の危険がある「新撰組の階段落ち」に挑戦することになる
ヤスの心の葛藤を、見事に平田満は表現しています。

知らない人は、見て損はありません。
激しい人間ドラマに釘付けになること間違いなし!

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「硫黄島からの手紙」★☆☆☆☆(1)

見れなくもないが、相当な駄作と言わなくてはいけません。 映画館でみればもう少しよかったのかもしれませんが・・・。 まず音響が最悪です。 セリフが何を言っているのか分かりません。 正直字幕があれば楽なの …

映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★★(5)

さすがジェフリー・ラッシュというべき迫真の演技力です。 シャインの時もそうでしたが、 こうした特徴のある役柄をするほど彼の演技力は光るような気がします。 映画館で配られるチラシには 「結末を知ったらも …

映画「サイン」★★★★☆(4)

牧師だったグラハム(メル・ギブソン )の周りに奇怪な出来事が起こり始めます。 ストリーには伏線が多く、最後になってやっと全てが理解できます。 そのため、単調な感じの会話も見逃せません。 エイリアンとの …

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …

映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」★★★☆☆(3)

私は「ウルヴァリン: SAMURAI」 を先に見てしまいましたが、 X-MEN ZEROの方が時代的にも前の話です。 ウルヴァリンの誕生が描かれているので、 ファンは必見です 重要な関連性はないので、 …