猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Network

tracert(windows) traceroute(linux) が遅い

投稿日:2013年6月19日 更新日:

traceが遅いのは名前解決に時間がかかっているためです。
サーバーは必ずしもDNSサーバーを持ちません。
そのため異常に遅く感じる場合は名前解決を疑いましょう。

とはいっても、ルーターによってはICMPのレスポンスを返さないものもあります。
タイムアウトするルーターはどうあがいてもしかたありません・・・

Windowsの場合

-dオプションで名前解決を行わなくなります。

C:\>tracert -d 192.168.100.100

Linuxの場合

-nオプションで名前解決を行わなくなります。
routeでルーティングテーブルを表示する際も同様です。

# route -n
# traceroute -n 192.168.100.100

1台traceする分には問題ありません。
20台traceする場合は、このオプションなしではやっていけません :x001:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Network
-

執筆者:

関連記事

SSG5のブリッジグループとNetscreenのポートモード

SSG5ではブリッジグループと呼ばれる機能があり、 各ポートをどのグループに設定するかを自由に設定できます。 同じグループに所属するポートはスイッチとして機能して同じセグメントに所属できます。 一方N …

opensslによるワイルドカード証明書と有効期限の延長

ワイルドカード証明書 認証局への署名要求書(server.csr)の作成 の際のCommon Nameで指定します。 Common Nameに指定して正しく動作するパターン test.jp ホスト名が …

route deleteで削除できないルート

route deleteで削除できないルートがあります。 それは、 ネットワーク接続 > プロパティ > インターネット プロトコル XXX   > プロパティ > 詳細設定 によって設定されているI …

SSLオフロードとSSLリダイレクト・リダイレクト

最近のロードバランサーやるルーターにはSSLオフロードという機能がついています。 それは実際のWebサーバーではSSLの暗号回復をせず、ロードバランサーやルーターで行うといったものです。 それにより、 …

opensslによる自己認証局と自己署名によるSSL

自己認証局を開設によるSSLと自己署名によるSSLは何がちがうのでしょうか。 それはサーバの署名要求書(server.csr)を何を使って署名しているかが異なります。 自己認証局を作成した場合には認証 …