猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

投稿日:2013年6月7日 更新日:

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。

衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。
これが功を奏してか、各役者の演技力が光ります。

アル・パチーノ演じるソニーの名演技はもちろん、
ジョン・カザール演じるサルは影の薄い危険な犯人ですが、
随所で人間らしさを出しこの後アル・パチーノとともにゴッドファーザーへ続きます。

また、アメリカン・ニューシネマらしい
当時の社会的な様相も、他の作品より色濃くでています。
そのあたりは監督のシドニー・ルメットの手腕でしょう。
ちなみに彼は1957年『十二人の怒れる男(12 Angry Man)』でも有名です。

人質、刑事、FBI、彼女・・・
数時間の監禁のなかで様々な性格が当時のまま鮮やかに描かれています。

ただ、アメリカン・ニューシネマという非常にハイレベルな作品群の中で評価すると、
実話とはいえ全体のストーリーはいまいちでした。
が各キャストの力作であることは間違いありません。

このジャンルが好きな方は見逃せません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「アルゴ」★★☆☆☆(2)

1987年に実際に起こった6人のアメリカ大使館職員の脱出作戦。 アルゴという架空の映画作成を名目にCIA職員が救出にむかいます。 史実のようなのですが、そうだとすればあまりに片側からの視点しかなく、 …

映画「耳をすませば」★★☆☆☆(2)

多感な少年少女の物語といったところでしょうか。 進路に悩むといったあたりは誰にでもあるでしょうから共感すべきところは多いと思います。 ただ後半の物語の空想シーンは正直好きではありません。 この映画の見 …

映画「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」★★★★☆(4)

ハングオーバーシリーズの第2作目です。 1作目はまだ見ていなかったのですが、 TVで放送されていたので見てしまいした。 題名からして御察し通りコメディーです。 が、ただのコメディーではありませんでした …

映画「ジャッカス Vol.1」★☆☆☆☆(1)

『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』が面白かったので、 別のシリーズも見てみたくなりました。 見る価値はありません・・・。 おすすめしません。 あまりにも気持ち悪すぎます。 ただ、おじいち …

映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」★★★★☆(4)

驚愕のCG映画です! 今のCGは本気をだせばここまできたのか! と思わせる映像の連続です。 ストーリーは本で読んだとしてもそこそこ面白いのかもしれませんが、 これを映画化するのは大したものです。 あま …