映画

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

投稿日:2013年6月7日 更新日:

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。

衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。
これが功を奏してか、各役者の演技力が光ります。

アル・パチーノ演じるソニーの名演技はもちろん、
ジョン・カザール演じるサルは影の薄い危険な犯人ですが、
随所で人間らしさを出しこの後アル・パチーノとともにゴッドファーザーへ続きます。

また、アメリカン・ニューシネマらしい
当時の社会的な様相も、他の作品より色濃くでています。
そのあたりは監督のシドニー・ルメットの手腕でしょう。
ちなみに彼は1957年『十二人の怒れる男(12 Angry Man)』でも有名です。

人質、刑事、FBI、彼女・・・
数時間の監禁のなかで様々な性格が当時のまま鮮やかに描かれています。

ただ、アメリカン・ニューシネマという非常にハイレベルな作品群の中で評価すると、
実話とはいえ全体のストーリーはいまいちでした。
が各キャストの力作であることは間違いありません。

このジャンルが好きな方は見逃せません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「さらば冬のかもめ」(The Last Detail)★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマを代表するジャック・ニコルソンが主演というだけで魅力を感じる人も多いでしょう。 彼のキャラは怖いほどに生かされています。 また若き日のランディ・クエイド演ずるメドウズもはまり役で …

映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」☆☆☆☆☆(0)

結論からいうと信じがたい程につまらない映画でした。 本が結構うれたような気がしたので見たのですが、この映画と本は、別ストーリーなのでしょうか。 全ての演技が信じがたい程に陳腐に感じられます。 おばあち …

映画「96時間/リベンジ」★★★★☆(4)

相変わらず悪党を虫けらのように殺していくあたりに、 ある種の爽快感があります。 人の命の価値観が問われる作品ではありますが、 細かいことを抜きに、アクション映画としてみるとなかなかのできだと思います。 …

映画「華麗なるギャツビー」★★★☆☆(3)

原作はアメリカ人なら誰もがしっているF・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー(The Great Gatsby)』です。 グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫) 1974年にロ …

映画「僕が星になるまえに」★★★☆☆(3)

個人的には以前にたような映画を見た気がしてならない。 男ばかりの友情を描いている点は評価に値する。 なんとなくスタンドバイミーを連想させるが、 大人の旅なのでそこまでのさわやかさはない。 もしかしてツ …