映画

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

投稿日:2013年6月7日 更新日:

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。

衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。
これが功を奏してか、各役者の演技力が光ります。

アル・パチーノ演じるソニーの名演技はもちろん、
ジョン・カザール演じるサルは影の薄い危険な犯人ですが、
随所で人間らしさを出しこの後アル・パチーノとともにゴッドファーザーへ続きます。

また、アメリカン・ニューシネマらしい
当時の社会的な様相も、他の作品より色濃くでています。
そのあたりは監督のシドニー・ルメットの手腕でしょう。
ちなみに彼は1957年『十二人の怒れる男(12 Angry Man)』でも有名です。

人質、刑事、FBI、彼女・・・
数時間の監禁のなかで様々な性格が当時のまま鮮やかに描かれています。

ただ、アメリカン・ニューシネマという非常にハイレベルな作品群の中で評価すると、
実話とはいえ全体のストーリーはいまいちでした。
が各キャストの力作であることは間違いありません。

このジャンルが好きな方は見逃せません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …

ドラマ「ゴースト〜天国からのささやき」★★☆☆☆(2)

ドラマでシーズン1から5(=ファイルシーズン)がありすでに完結しています。 霊と話すことのできるメリンダが数々の霊を 光の先へ送ります。 個人的にはシーズン3でピークを迎え、 ファイルシーズンに向けて …

映画「グランド・イリュージョン」★★★☆☆(3)

映像的に観ていてすごいと思うことは間違いないでしょう。 しかし、ウディ・ハレルソン演じるメリット・マッキニーがそもそも無理があります。 あれができたらなんでもありなんじゃないでしょうか・・・ 補足では …

映画「崖っぷちの男」★★★☆☆(3)

自らの無実を証明するために、ホテルの窓の外から飛び降りようとする男の話し・・・。 実はこの飛び降りようとするフリは作戦で、横のビルでは弟達が・・・。 崖っぷちの男はずっと窓の外に居るせいで、結構ドキド …

映画「死霊館」★★☆☆☆(2)

個人的には怖かったが、 それ以上のものではない。 単純なホラー映画だ。 悪魔や除霊といったよくあるパターンであり、 特別なものは何もない。 ただやっぱり怖いものは怖い。 死霊館 ブルーレイ&D …