Linux

169.254.0.0 は APIPA (Automatic Private IP Addressing)

投稿日:2013年5月23日 更新日:

routeコマンドをしてみて下さい。

# route
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
192.168.171.0   *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth0
169.254.0.0     *               255.255.0.0     U     0      0        0 eth0

みなれない169.254.0.0という設定がある場合があります。
linuxの種類によりますが、RedHatやCentOSにはよくあります。
(最新ではないかもしれません)

これは、手動でIPを設定しておらず、DHCPの割り当てもなかった場合に、
「169.254.1.0~169.254.254.255」
のなかからIPを割りふって通信を行おうとする機能APIPA(Automatic Private IP Addressing)
で使用されます。

このIPからもわかるように、インターネット接続はできないし、
ネットワークが異常なのに通信ができているように見えたりする場合があります。

しかし、通常はほっておいても問題ないはずです。

削除したくても、メニューの
システム > 管理 > ネットワーク
からはできません。
/etc/sysconfig/networkに
NOZEROCONF=yes
を追加してインターフェイスの再起動をします。

# vim /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=localhost.localdomain
NOZEROCONF=yes

# service network restart
インターフェース eth0 を終了中:                         [  OK  ]
ループバックインターフェースを終了中                       [  OK  ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中                   [  OK  ]
インターフェース eth0 を活性化中:
eth0 のIP情報を検出中... 完了。

ルートが消えているはずです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

tracertで表示されるIPとは

ネットワークエンジニアでなくても ルートの確認に使用したことがあるだろう tracert(windows) traceroute(linux) のIPはどこのIPなのでしょうか。 ネットワークが変わる …

linux

E173: 編集すべきファイルが x 個あります

viでE173: 編集すべきファイルが x 個あります と表示されたことはないでしょうか・・・。 vi file.txt ] とタイプミスのために2つのファイルが開いただけでした・・・ 入門vi 第6 …

linux

fuserでファイルやソケットを使用しているプロセスを特定する

linuxでもプロセスを特定したい場合はあります。 fuseコマンドで確認できます。特にmaount関連は便利です。 オプション -a コマンドラインで渡されたすべてのファイルを表示する。 -k 指定 …

SSLオフロードとSSLリダイレクト・リダイレクト

最近のロードバランサーやるルーターにはSSLオフロードという機能がついています。 それは実際のWebサーバーではSSLの暗号回復をせず、ロードバランサーやルーターで行うといったものです。 それにより、 …

linux

findとxargsとgrep

ファイルやディテクトリを検索するfindコマンド。 標準入力からにコマンドを作成するxargs。 これらを利用して、findで見つけたファイルのなかからgrepで必用な行を抜き出せます。 INDEX1 …