Windows

Windowsで時刻の同期間隔を設定する

投稿日:2013年5月5日 更新日:

Windowsで時刻の同期間隔を設定するにはレジストリを更新するだけです。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient\SpecialPollInterval
を編集します。
e10(3600秒)に変更すれば1時間毎に同期します。

変更した後コマンドプロンプトで

net stop w32time
net start w32time

としてサービスを再起動しておきましょう。

ログの時間が重要なサーバー等は、設定を変更することをお勧めしますが、
外部NTPに対して過度な参照は禁物です。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

Windows8.1でParagon HFS+ for Windows 10.0 (Japanese)が使えない

Windows8.1にアップデートしたら、 HFS+の外付けハードディスクを認識しなくなってしまいました。 サポートにメールをしたところ、 既に新しいバージョンがアップデートされていた模様。 新バージ …

WindowsのeclipseからLinuxのPHPをリモートデバッグする(1)Linuxにxdebuをインストールする

Windowsを使用するのはグラフィカルで便利な開発環境があるためです。 そしてサーバーとしてのLinuxは秀逸です。 PHPもフリーで簡易ですし、Apache・MySQL・Linuxとの相性も最高で …

windows

Windowsのファイル、ディレクトリのアクセス制限

INDEX1 共有のアクセス制限2 共有のサブディレクトリのアクセス制限3 共有タブとセキュリティタブのアクセス制限の違い 共有のアクセス制限 Windowsをファイルサーバーなどに利用して、多人数で …

windows

Windowsの時刻の同期間隔を変更する

Windowsでは時刻の同期間隔がデフォルトでは7日です。 通常のPCだったらいいのですが、 サーバーであったり、内部にNTPサーバーがあれば1時間毎ぐらいにはしたいと思います。 そこで下記レジストリ …

windows

コマンドプロンプトからexeを起動したときの戻り値(終了コード)を取得する

コマンドを実行したときの結果は echo %ERRORLEVEL% で確認することができます。 しかし自分で作成したexeの終了コードを取得するには start /wait で実行しましょう。 sta …