映画

映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」☆☆☆☆☆(0)

投稿日:2013年1月29日 更新日:

結論からいうと信じがたい程につまらない映画でした。

本が結構うれたような気がしたので見たのですが、この映画と本は、別ストーリーなのでしょうか。

全ての演技が信じがたい程に陳腐に感じられます。

おばあちゃんの生きる知恵がメインかと思って最後まで期待しましたが、
磁石を引きずって歩くことぐらいでしょうか・・・。

最後のシーンでおばあちゃんが、
「あほでもお前の代わりに勉強したひとがいる・・・」
って感じで人にはそれぞれの役割があることを諭します。

しかし、島田は本作品で、出演・監督・企画・脚本全てをやってしまっています。

これって落ちなんでしょうか?
信じがたい程の駄作だと感じました。

最後に、この映画は2007年頃のものだったと思いますが、
よくわかりませんが、監督が倉内均のバージョンもあるようです・・・。

こちらの方が間違いなく面白いのだと思うのですが、
島田監督バージョンがあまりにもつまらなかったので、もう見たくはありません。

間違っても↓を見てはいけません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「耳をすませば」★★☆☆☆(2)

多感な少年少女の物語といったところでしょうか。 進路に悩むといったあたりは誰にでもあるでしょうから共感すべきところは多いと思います。 ただ後半の物語の空想シーンは正直好きではありません。 この映画の見 …

映画「マン オブ スチール」★★☆☆☆(2)

 スーパーマンシリーズです。 私が思うに、これはシリーズでいえばゼロ、つまり最初の話にあたるものだと思います。 スーパーマンの誕生にまつわる物語です。  そのためスーパーマンがデイリープラネットという …

映画「スティング (The Sting)」★★★★★(5)

「明日に向かって打て!」で共演した ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再度共演し大成功をおさめた アメリカン・ニューシネマの代表作の一つです。 タイトルを見ただけではよくわかりませんが、 …

映画「アメリカンハッスル」★★★★☆(4)

バットマンとは想像のつかない姿で登場するクリスチャン・ベイル。 流石というべき貫禄のジェレミー・レナー。 リアルな妻を演じるジェニファー・ローレンス。 謎を秘めながらの愛人、エイミー・アダムス。 切れ …

映画「バットマン ビギンズ」★★★★☆(4)

バットマンビギンズ、ダークナイト、ダークナイトライジングと続く第一話。 やけに忍者っぽいところも、そうクドくはなく許せる範囲。 ストーリーに泣けるところはないが、アクションとしてCGっぽさをあまり感じ …