猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」☆☆☆☆☆(0)

投稿日:2013年1月29日 更新日:

結論からいうと信じがたい程につまらない映画でした。

本が結構うれたような気がしたので見たのですが、この映画と本は、別ストーリーなのでしょうか。

全ての演技が信じがたい程に陳腐に感じられます。

おばあちゃんの生きる知恵がメインかと思って最後まで期待しましたが、
磁石を引きずって歩くことぐらいでしょうか・・・。

最後のシーンでおばあちゃんが、
「あほでもお前の代わりに勉強したひとがいる・・・」
って感じで人にはそれぞれの役割があることを諭します。

しかし、島田は本作品で、出演・監督・企画・脚本全てをやってしまっています。

これって落ちなんでしょうか?
信じがたい程の駄作だと感じました。

最後に、この映画は2007年頃のものだったと思いますが、
よくわかりませんが、監督が倉内均のバージョンもあるようです・・・。

こちらの方が間違いなく面白いのだと思うのですが、
島田監督バージョンがあまりにもつまらなかったので、もう見たくはありません。

間違っても↓を見てはいけません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …

映画「アメイジング・スパイダーマン 」★★★★☆(4)

この映画のポイントは、 なんといってもスパイダーマンのリアルさだろう。 特撮だらけの映画ではあるのだが、 スパイダーマンからだされるネットがやけにリアルに感じられ、 ニューヨークの摩天楼を飛び交う姿が …

映画「ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜」★★★★★(5)

久々にみた面白い映画です。白人女性のスキーターが「The Help」という黒人女性の家政婦の立場からの本の出版をめざします。 現在の私たちから見ると、あまりの差別に対する態度がむしろ滑稽に見える場面も …

映画「ソハの地下水道」★★★☆☆(3)

第二次大戦、ドイツ配下のポーランドで、 下水修理業者のソハが、ユダヤ人をかくまう話です。 残酷過ぎる映像はないものの、実話であるというのが忘れてはいけない現実です。 地下での生活を中心に描かれているた …

映画「猿の惑星 新世紀」★★☆☆☆(2)

2011年の映画『猿の惑星: 創世記』の続編。 今でも猿の惑星をみてしまうのは、 昔テレビでみた猿の惑星の最後がニューヨークだった! とうい展開が衝撃すぎたからだろう。 あの日の衝撃を引きずりながらつ …