DataBase MySQL

MySQLのexists

投稿日:2013年1月27日 更新日:

exists自体はほとんどのSQL自体に実装されていると思われます。
しかし、使用方法を誤るとレスポンスに大きな影響を与えてしまします。

副問合せであるexists内部で、集問い合わせのキー列と結合していても、主問い合わせのキー参照にはならず、下手をすれば全検索になってしまうということです。

例えば、以下のようなSQLではtable1を全文検索してしまいます。

 
select count(*)
from table1
where
exists
(
 select *
 from table2
 and table2.id between 50 and 100
 and table2.id = table1.id
)

and table2.id = table1.idとしていても、table1は全文検索してしまうのです。
table1に100万行あったとしたら、想定外のレスポンス低下となるでしょう。

対応するには条件分にexists以外にtable1に対する条件が必用です。

 
select count(*)
from table1
where
exists
(
 select *
 from table2
 and table2.id between 50 and 100
 and table2.id = table1.id
)
and table1.id between 1 and 500

このような失敗を起こさないためにも、常にexplainを使用して、実行計画を確認することが大事です。

 
explain 
select count(*)
from table1
where
exists
(
 select *
 from table2
 and table2.id between 50 and 100
 and table2.id = table1.id
)
and table1.id between 1 and 500

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-DataBase, MySQL

執筆者:

関連記事

mysql

MySQLの時間のフォーマット

MySQLのdatetime型はそのままSELECTすると、 2013-05-15 13:45:59 のように表示されてしまいます。 yyyy-mm-ddではなく、yyyy/mm/dd がいい場合もあ …

sqlserver

SQL Server Management Studio でテーブルが変更できない

私は以前はOracleをメインで使用し、そしてここ数年間はMySQLをメインで使用しています。SQL Serverは少しかじった程度といえるでしょう。 こんな私が選択したのはSQL Server Ma …

sqlserver

SQL Server 構成マネージャーを起動する

SQL Server 構成マネージャーがない。 何故か、コンピューターの管理の中に入っていた。 また検索窓からは以下のように検索できる。 ・SQL Server 2014 の場合   SQLServe …

sqlserver

SQLSERVERのトランザクションログの切り捨て・圧縮

トランザクションログはデータの登録・更新記録です。 INDEX1 復旧モデル2 切り捨て3 圧縮 復旧モデル トランザクションログを扱うには、トランザクションログがどのように使用されるかを知る必要があ …

mysql

MySQLでフラグの列でSELECTする。(複合インデックスの使用条件)

status=’1’とかdelete=’0’といった条件はよく使用することでしょう。 そこでフラグにはどのデータ型がベストなのでしょうか。 INDEX1 …