猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

コマンドプロンプト(バッチ)でファイル毎の処理をする

投稿日:2012年12月23日 更新日:

forでファイル毎の処理をする

コマンドプロンプトのforには強力な/Fオプションがあります。

set yyyy=%date:~0,4%
set mm=%date:~5,2%
set dd=%date:~8,2%
cd c:\xxx
for /F %%a in ('dir /b /s *%yyyy%%mm%%dd%*.dmp') do "c:\yyy\zzz.exe" %%a

コマンドプロンプトで動作確認する場合は%%aは%です。
dirに/bをつけるとファイル名のみ取得できます。
dirに/sをつけるとサブディレクトリも表示します。
これで特定の日付yyyymmddとなまえのついたファイルを処理することができます。

しかしコマンドプロンプトには大きな問題があり、日付処理が面倒です :x001:
前日のファイルとなるとレベルがかなりあがります。
webで検索すればサンプルは多くありますが、テストも大変です。

powrshellやvbsを使う方法もありますが今回紹介するのはforfilesを利用する方法です。

forfilesでファイル毎の処理をする

forfiles /P c:\xxx /m *.dmp /D -7 /c "cmd /c c:\yyy\zzz.exe @path"

これで更新日時が7日以上経過しているものだけに処理ができます。
forfilesの/Pは検索するディレクトリを指定。
forfilesの/mはマスク。
forfilesの/Dがポイントとなる更新日時の指定です。

/D -7で更新日時が7日以上経過しているもの。/D +0としたら今日以降(未来日)のものになります。
日付には /D +2012/01/01とすれば指定日以降となります。

一つ難点を言わせてもらえば、昨日以降のもの(昨日~未来)としたい場合には、結局前日の計算が必要になるわけですが、1週間以上経過したものを削除する!といった場合には大いに利用できるはずです。

最後にサンプルです。

rem 1週間以上前のzipファイルを削除
forfiles /P c:\directory /m *.zip /D -7 /c "cmd /c del @path"

rem 今日作成されたdmpをLhacaをつかってzipに圧縮
forfiles /P c:\directory /m *.dmp /D +0 /c "cmd /c c:\Lhaca\Lhaca.ex @path"

forfilesはファイル名ではなく更新日時を比較してくれるで、応用範囲は随分と広がるはずです。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

windows

batファイル名の落とし穴・・・連続実行されてしまう

windowsのコマンドプロンプトを少しかじったことがあればxxx.batという名前のバッチファイルなるものを作成することがあるでしょう。 コマンドをバッチファイルにしておけば、 ダブルクリックで実行 …

sqlserver

SQL Server Management Studio の「上位200行の編集」を変更したい

恐らく私が十分に使用できていないだけで、機能はたくさんありそうなSQL Server Management Studio。最近新しいものに入れ替えたら(OS毎再インストールするハメになったのですが)、 …

windows

Excelで完了にした行をグレーにする

課題管理表などをエクセルで作成することは多いと思います。 でもいつも完了した行をグレーアウトする方法を忘れるのでメモしておきます。 ポイントは条件付き書式を使うということと、その設定方法です。 IND …

windows

windows8のコマンドプロンプトでcdでd:へ移動しない

いままでのos(xpなど)では c:\>cd d: でDドライブに移動できたとおもったのですが、 いつのまにか c:\>cd /d d: となっていました・・・。 D:>help c …

windows

EXCELでセルの値を比較する時の注意点

=IF(A2=B2,"同じ","異なる") と言った関数を私はよく使用します。 テストデータの比較には、EXCELは非常に役に立ちます。 そんなことしてるのは私 …