猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

VMWare Workstation 14 Playerが利用できない…

投稿日:2018年4月3日 更新日:

VMWareでブリッジ接続できな

久しぶり仮想マシンを起動したところ、ブリッジ接続ができません。

ネットワークアダプターに「VMwarae Bridge Protocol」がなくなっています。

バージョンアップが必要なようです。

VMWare Workstation 14 PlayerはCPUが未対応だった

バージョンアップしたところ、

『このホストは、「Intel EPT」のハードウェア支援型 MMU 仮想化をサポートしません。

このホストは、リアル モードの仮想化をサポートしていません。この仮想マシンを Intel プロセッサで実行するには、Intel の「VMX Unrestricted Guest」機能が必要です。

モジュール CPUIDEarly のパワーオンに失敗しました。

仮想マシンの起動に失敗しました。』

というメッセージが出てどの仮想マシンも起動できなくなりました。

たしかインストール時に、CPUがサポートされていませんと表示されていました。

調べたところCPUがサポートされていないようでした。

VMWare Workstation 12 Playerにダウングレード

12なら大丈夫なようなので12にしました。

VMWare12

12をインストール後、ネットワークアダプターに「VMwarae Bridge Protocol」が表示されました…不要なアダプターにもチェックがついているので、利用したいネットワークアダプター以外のチェックは外します。

やっとホストとゲストの通信ができるようになりました。

もう10年以上使っているPCです。

CPUが仮想化技術に対応していないようです。WindowsのPROなのに、Hyper-Vも使えません。そろそろCPUの交換時期が迫っているようです。

2018/06/05 追記

Windowsアップデートをすると、Vmware上のcentosのWebサーバーにアクセスできなくなってしまった。よく見ると全てのネットワークアダプターの「VMwarae Bridge Protocol」にチェックが入っている。いつも使っている無線のアダプタ以外のチェックを外すとアクセスできた。
アップデート時のアダプター問題、何とかしてほしいです。環境を変えないでほしい。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux
-

執筆者:

関連記事

linux

samba(共有)の設定

ユーザーのホームディレクトリを隠す publicは見せたいがユーザーのホームディレクトリは非表示にしたい場合がある。 その場合は/etc/samba/smb.confの [global]設定のデフォル …

linux

ntpdの設定

ntpの設定は/etc/ntp.confで行います。 serverさえ設定してしまえばいいわけですが、 その他設定も少しあります。 INDEX1 restric2 server3 driftfile …

linux

wgetでproxyを使用する

wgetの簡単な利用方法は以前紹介しました。 wgetの利用方法 今回はproxy経由でアクセスする方法です。 オプションでは指定できません。 /etc/wgetrcを編集する必要があります。 # v …

linux

wgetの利用方法

linuxにある強力なget、post等ができる便利なコマンドがwgetです。 私はvmware上で起動させているlinux(CentOS)から、このコマンドでサーバーへgetやpostを行ってよくテ …

linux

cron

windowsでいうところのタスクにあたります。 定期的にプログラムを実行することに使用します。 編集方法 #crontab -l 登録している一覧を確認 #crontab -e 編集 #cronta …