猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux Windows

WSL Windows Subsystem for Linux

投稿日:2017年10月15日 更新日:

Windows Subsystem for Linux

私はvmware playerでCentOSを起動してつかっていました。何が違うのか、興味本位でWindows Subsystem for Linux を使ってみます。

インストール手順

多くのサイトに掲載されている通り、かなり簡単でした。

  1. WSL機能を追加する
  2. [Windows]+[X]キーでクイックアクセスメニューを出して、一番上にある[プログラムと機能]を起動し「Windows Subsystem for Linux」にチェックをいれます。その後再起動が必用です 。

  3. 開発者モードを有効
  4. [設定]>[更新とセキュリティ]>[開発者向け]>[開発者向け機能を使う]で[開発者モード]を選択する必用がるようです。
    実は以前よりこの設定はしていたので、本当にこの設定が必用かは検証していません。

  5. セットアップ
  6. 色々やり方があるようですが、管理者モードのコマンドプロンプトで

    lxrun /install
    

    と入力することでインストールできました。

    しかし「サポとされていないコンソール設定です。この機能を使用するには、従来の紺のs-るを無効にする必要があります」
    と表示されました。

    これはコマンドプロンプトのプロパティで、「従来のコンソールを使う(再起動が必用)」のチェックを外すだけで対応できました。

  7. インストール
  8. あとは言語の設定と、linxuユーザーの設定が聞かれたので、すなおに日本語で「y」と、linuxユーザーのユーザー名とパスワードを設定しました。

  9. 使い方
  10. コマンドプロンプトを起動して、「bash」と入力してください。
    直ぐにlinuxコマンドが利用できるようになります。

    ただし注意しなくてはいけないのは、WSLをもってそのままサーバーとしては利用できないことです。
    あなたの(私の)PCをそのままLinuxサーバーとしては利用できないようです。

    この切り分けはこれから検証がひつようなようです。大塚製薬 ネイチャーメイド E400 100粒

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux, Windows
-,

執筆者:

関連記事

windows

Windows8.1の無線LANアダプター(WN-G300UA)でwifiのアクセスポイント(MZK-SA300D)が見えなくなった時の対応

手軽なwifiのアクセスポイント(MZK-SA300D)を使用していました。 しかし突然、頻繁に通信ができなくなりました。 繋がっては切れるの繰り返しです。 それがかなり続き、PC側の問題かもしれない …

linux

WinSCPの文字化け対応方法

WindowsからLinuxへファイルを転送するのに使用するアプリはWinSCPが最も有名なのではないでしょうか。 ただLinuxのOSを日本語でインストールすると、文字化けする場合があります。 少し …

linux

ファイルの所有権を変更する chown

ファイルの所有権の変更 ログが出力されない! って思った時以外と多いのが、rootで作ったファイルに追記できないとか・・・ chwon [所有者] [ファイル/ディレクトリ] で変更できます。 # c …

linux

viでコピー(ヤンク)&ペーストをする

省略された言葉でも、本当の意味を知っていけば、コマンドだって簡単に覚えていけます。 Linuxではコピーのことをヤンク(yank)と言います。クリップボードとう機能はなく、ヤンク(yank)というバッ …

c# デリゲート(delegate)とは

デリゲートの説明としてよく 処理の委譲とか関数ポインタとかでてきますが、 cはさわりしか知らないので、なかなか理解できませんでした。 結局のところ デリゲートを使用すると 関数を引数に利用できる! と …