猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux Windows

WSL Windows Subsystem for Linux

投稿日:2017年10月15日 更新日:

Windows Subsystem for Linux

私はvmware playerでCentOSを起動してつかっていました。何が違うのか、興味本位でWindows Subsystem for Linux を使ってみます。

インストール手順

多くのサイトに掲載されている通り、かなり簡単でした。

  1. WSL機能を追加する
  2. [Windows]+[X]キーでクイックアクセスメニューを出して、一番上にある[プログラムと機能]を起動し「Windows Subsystem for Linux」にチェックをいれます。その後再起動が必用です 。

  3. 開発者モードを有効
  4. [設定]>[更新とセキュリティ]>[開発者向け]>[開発者向け機能を使う]で[開発者モード]を選択する必用がるようです。
    実は以前よりこの設定はしていたので、本当にこの設定が必用かは検証していません。

  5. セットアップ
  6. 色々やり方があるようですが、管理者モードのコマンドプロンプトで

    lxrun /install
    

    と入力することでインストールできました。

    しかし「サポとされていないコンソール設定です。この機能を使用するには、従来の紺のs-るを無効にする必要があります」
    と表示されました。

    これはコマンドプロンプトのプロパティで、「従来のコンソールを使う(再起動が必用)」のチェックを外すだけで対応できました。

  7. インストール
  8. あとは言語の設定と、linxuユーザーの設定が聞かれたので、すなおに日本語で「y」と、linuxユーザーのユーザー名とパスワードを設定しました。

  9. 使い方
  10. コマンドプロンプトを起動して、「bash」と入力してください。
    直ぐにlinuxコマンドが利用できるようになります。

    ただし注意しなくてはいけないのは、WSLをもってそのままサーバーとしては利用できないことです。
    あなたの(私の)PCをそのままLinuxサーバーとしては利用できないようです。

    この切り分けはこれから検証がひつようなようです。大塚製薬 ネイチャーメイド E400 100粒

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux, Windows
-,

執筆者:

関連記事

apple

iPhoneにはハードウエアの安全な取り外しが表示されない!?

Windows8にしたところ、 iPhoneをUSBで接続しても、ハードウエアの安全な取り外しが表示されませんでした。 どうやらiPhoneはメディアとしては扱われず、「ハードウェアを安全に取り外して …

windows

リモートPCのサービスを操作する

遠隔地のPCのサービスを再起動したい場合って、ほとんどないのですがたまにあります。 そもそもPC Anywhere等をインストールしていればよいのですが、そうしたソフト自体がフリーズすることがあるから …

linux

mailコマンドでメールを読む

linxを操作していれば必ず発生しているのが You have mail in /var/spool/mail/root です。 メッセージの通り/var/spool/mail/root とにあり、ア …

windows

罫線(けいせん)に変換する

罫線を入力する際に、なんと入力して変換すればよいのか・・・。雑談のような内容です :x001: 実は私、なんと読むのか知らずに過ごしてきました。 たまーに使いたい場合は、コマンドプロンプトでtreeコ …

windows

Wget for Windows(Windows版のwget)

linuxを使用する人の多くはwgetを利用したことがあるでしょう。 get、postが驚く程簡単に利用できます。 そしてコマンドなのでグラフィカルな点は劣りますが、 簡単にコピーや編集をしてバッチが …