映画

映画「ジャッキー・コーガン」★★★☆☆(3)

投稿日:

原タイトルは「Killing Them Softly」であり、1974年の小説、「Cogan’s Trade」(ジョージ・V・ヒギンズ)を原作としている。

ストーリーを要約すると、10分も必用ないだろう。
それぐらい全体の内容は大したことはない。

オバマ大統領の「・・・アメリカ国民はみな平等。我々は1つの共同体だ・・・」といった演説とともに、ストーリーは進んでいく。
おそらくオバマ大統領が表、コーガンが裏社会を象徴しているのだろう。

最後にジャッキーはジャッキーは「何が1つの共同体だ、ふざけんな。アメリカは国じゃない、ビジネスだ。さあ、金払え」と啖呵を切る。

ストーリー自体は非常に単純明快なのだが、
世間体と真犯人、表社会と裏社会、やるのかやらないのかといった二面性と、
非常にくだらない世間話のような意味のない会話により、
主題が明確になりながら現実味を帯びてくる。

要するになんとなく面白い。

しかし、これといったパンチが多少たりないのも確かです。

すでに特撮による残酷映像だけではパンチにはならなくなっていると痛感しました。

殴られ・蹴られて血しぶきがいくらリアルに飛んでも、
気持ちの悪い映像を見たければ、ネットで動画を見ていればいいんです。
所詮偽物は本物にはかないません。

本作品、作り方(撮影の仕方など)によってはもっと面白くなったかもしれないと思われました。

最後に、ブラピのワイルドさは結構いい線いってると思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ぼくたちのムシュ・ラザール」★★★☆☆(3)

自殺した女性教師の代わりに来た、アルジェリア移民の先生と生徒達の話しです。 この手の映画には非常につまらない作品も多いので、一か八かで見てみました。 結構淡々としている感はあるのですが、いまいちな先生 …

映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」★★★☆☆(3)

私は「ウルヴァリン: SAMURAI」 を先に見てしまいましたが、 X-MEN ZEROの方が時代的にも前の話です。 ウルヴァリンの誕生が描かれているので、 ファンは必見です 重要な関連性はないので、 …

映画「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」★★★★☆(4)

ハングオーバーシリーズの第2作目です。 1作目はまだ見ていなかったのですが、 TVで放送されていたので見てしまいした。 題名からして御察し通りコメディーです。 が、ただのコメディーではありませんでした …

映画「レンタネコ」★★★☆☆(3)

恐らく荻上直子監督の感性と私の感性に共通点がほとんどないのでしょう。 内容は全く面白くありませんでした。 ただ猫の演技?には目をみはるものがあります。 我が家にも「さーこさん」という猫がいるのですが、 …

映画「スケアクロウ」★★★★★(5)

マックス演じるジーン・ハックマン。 ライオン演じるアル・パチーノ。 超豪華キャストだ。 おそらく別の映画で二人を目にしたことがあるだろう。 この作品で、彼らがいかに実力派であるかを再認識することになる …