猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ジャッキー・コーガン」★★★☆☆(3)

投稿日:

原タイトルは「Killing Them Softly」であり、1974年の小説、「Cogan’s Trade」(ジョージ・V・ヒギンズ)を原作としている。

ストーリーを要約すると、10分も必用ないだろう。
それぐらい全体の内容は大したことはない。

オバマ大統領の「・・・アメリカ国民はみな平等。我々は1つの共同体だ・・・」といった演説とともに、ストーリーは進んでいく。
おそらくオバマ大統領が表、コーガンが裏社会を象徴しているのだろう。

最後にジャッキーはジャッキーは「何が1つの共同体だ、ふざけんな。アメリカは国じゃない、ビジネスだ。さあ、金払え」と啖呵を切る。

ストーリー自体は非常に単純明快なのだが、
世間体と真犯人、表社会と裏社会、やるのかやらないのかといった二面性と、
非常にくだらない世間話のような意味のない会話により、
主題が明確になりながら現実味を帯びてくる。

要するになんとなく面白い。

しかし、これといったパンチが多少たりないのも確かです。

すでに特撮による残酷映像だけではパンチにはならなくなっていると痛感しました。

殴られ・蹴られて血しぶきがいくらリアルに飛んでも、
気持ちの悪い映像を見たければ、ネットで動画を見ていればいいんです。
所詮偽物は本物にはかないません。

本作品、作り方(撮影の仕方など)によってはもっと面白くなったかもしれないと思われました。

最後に、ブラピのワイルドさは結構いい線いってると思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★★(5)

私はHFR(ハイ・フレーム・レート)、つまり通常は秒間24コマのところ48コマ使用している3Dでみました。 これが正解でした!! 以前、アイアンマンを3Dで見たのですが、目が疲れて半分寝てしまいました …

映画「ジェレミー・レナー 逆転のメソッド」★★★★★(5)

久々に文句なしの名作だと思いました。 感動するわけではありませんが、面白い!! サム演じるジェレミー・レナーの名前がタイトルになっていますが、 個人的にはマット演じるダラス・ロバーツに軍配があがってい …

映画「ミヒャエル」★★☆☆☆(2)

35歳の少年愛者の誘拐犯、ミヒャエルとその被害者の10歳の少年の話。 実話ではないと思いますが、オーストリアでは実際にこのような事件が多発しているようです・・・。 仕事はそこそこできて、人間関係も多少 …

映画「ワンチャンス」★★★★☆(4)

言わずと知れたイギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で実際に優勝したポール・ポッツの話です。 ポッツを演じたジェームズ・コーデンと、妻ジュルズを演じた アレクサンドラ・ローチ …

映画「アメイジング・スパイダーマン 」★★★★☆(4)

この映画のポイントは、 なんといってもスパイダーマンのリアルさだろう。 特撮だらけの映画ではあるのだが、 スパイダーマンからだされるネットがやけにリアルに感じられ、 ニューヨークの摩天楼を飛び交う姿が …