猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

投稿日:

アメリカンニューシネマの1本。
mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。

いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく冴えています。
全く常軌を逸脱しており、現代でも通用するダメ人間っぷりに脱帽です。

そんな彼をかばい続けるチャーリー役に、これまた演技力抜群のハーヴェイ・カイテルです。

荒廃している町を見事に演出しています。

なおハーヴェイ・カイテルは、この後ロバート・デニーロが主演する「タクシードライバー」でも
ひそかに共演しています。

最後の最後まで、ジョニー・ボーイはダメなやつで、
チャーリー達を見捨ててにげていきます・・・

そこで終わります・・・

この映画はアメリカ議会図書館に保存されている名作でもりますが、
果たして内容はどうなのでしょうか。

マーティン・スコセッシ監督は、自らDVDの音声解説で「この作品にメッセージは存在しない」・・・これは映画ですらなく「それまでの私の人生そのものだ」と語っています。

正直ストーリーなどあってないようなものなのです。
日常を映しているようなものなのですから・・・

となると、私が見たいと思う映画かどうかの評価としては、つまらない映画になってしまいます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ワンチャンス」★★★★☆(4)

言わずと知れたイギリスの人気オーディション番組『ブリテンズ・ゴット・タレント』で実際に優勝したポール・ポッツの話です。 ポッツを演じたジェームズ・コーデンと、妻ジュルズを演じた アレクサンドラ・ローチ …

映画「かぐや姫の物語」★★☆☆☆(2)

高畑勲監督の最新作。 ずいぶんテレビでもドキュメンタリー等があったので見に行きました。 正直期待は大きく外れました。 そもそもストーリーはご存じの竹取物語なので、 驚きも感動もありません。 オリジナル …

映画「スティング (The Sting)」★★★★★(5)

「明日に向かって打て!」で共演した ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再度共演し大成功をおさめた アメリカン・ニューシネマの代表作の一つです。 タイトルを見ただけではよくわかりませんが、 …

映画「グランド・イリュージョン」★★★☆☆(3)

映像的に観ていてすごいと思うことは間違いないでしょう。 しかし、ウディ・ハレルソン演じるメリット・マッキニーがそもそも無理があります。 あれができたらなんでもありなんじゃないでしょうか・・・ 補足では …

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。 暴力シーンがあるわけではないのに、 隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。 意外な見どころは舞台となっているアパートです。 ジョン・レノ …