猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

投稿日:

アメリカンニューシネマの1本。
mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。

いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく冴えています。
全く常軌を逸脱しており、現代でも通用するダメ人間っぷりに脱帽です。

そんな彼をかばい続けるチャーリー役に、これまた演技力抜群のハーヴェイ・カイテルです。

荒廃している町を見事に演出しています。

なおハーヴェイ・カイテルは、この後ロバート・デニーロが主演する「タクシードライバー」でも
ひそかに共演しています。

最後の最後まで、ジョニー・ボーイはダメなやつで、
チャーリー達を見捨ててにげていきます・・・

そこで終わります・・・

この映画はアメリカ議会図書館に保存されている名作でもりますが、
果たして内容はどうなのでしょうか。

マーティン・スコセッシ監督は、自らDVDの音声解説で「この作品にメッセージは存在しない」・・・これは映画ですらなく「それまでの私の人生そのものだ」と語っています。

正直ストーリーなどあってないようなものなのです。
日常を映しているようなものなのですから・・・

となると、私が見たいと思う映画かどうかの評価としては、つまらない映画になってしまいます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「テッド」★★★★☆(4)

可愛らしいくまちゃんの人形の映画・・・ではありません :x001: R15+指定されています。 激しく卑猥なセリフが連発する、 アダルトアメリカンコメディです。 しかしそこそこは面白いとも思います。 …

映画「猫の恩返し」★★★☆☆(3)

金曜ロードショーでやってましたね。 私自身内容は忘れてましたが数回目だと思います。 ついついみてしまいます。 猫の恩返しの仕方が面白いと言ったら面白い。 ついつい見てしまうのでもっと評価が高いべきでし …

映画「300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜」★★★☆☆(3)

前作の「テルモピュライの戦い」を含みながら、 別の支店からペルシア帝国との戦いを描いている。 ゴルゴ王妃のが前作と今回では変わった気がした。 調べてみると、両方ともレナ・ヘディが演じている。 見間違い …

映画「マレフィセント」★★★☆☆(3)

映像もキャストもすごいのだから、 思い切ってストーリーにもう少し毒があってもいいのではなかったでしょうか。 その点が少し残念です。 それを除けば大迫力の映像で、 もし私が子供だったら大迫力の映像に飲み …

映画「残酷メルヘン/親指トムの冒険」★☆☆☆☆(1)

グリム童話が本当は残酷な話というのはよくご存じでしょう。 それに刺激されて作ったものと思われます。 個人的には、 前半が「ヘンゼルとグレーテル」、 後半が「三枚のお札」(これは日本の話ですが・・・) …