猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ローマ法王の休日」★☆☆☆☆(1)

投稿日:

初めの10分間はドキドキしました。
コンクラーベとうい日本人にはなじみのない法王を選出するシーンから始まります。
正直ここまでなら相当ランクの高い映画として評価するでしょう。

しかし、本題であるローマ法王が休日をとってからは、
救いようのないつまらなさです。

そもそも枢機卿にすらなじみがない我々にとって、
かれらがバレーボールをすること自体、
おじいさんのバレーボールにしか見えません。

テーマとしている根本にあるキリスト教をしらなすぎるので、
あまり笑えないのです・・・

しかし、そうはいってもさすがに枢機卿達が重役であることぐらいわかります。
そうおもってみても、あまり面白くないのです。

要するに、
ローマ法王が休日をとるシーンがつまらないのです。
大半がつまらないのです。

あつかった題材は興味深いものにも関わらず、
非常にもったいない作品です。

見る価値はありません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「おおかみこどもの雨と雪」★★★☆☆(3)

子供たちがとても愛らしく描かれています。 別々の生き方を選んでいく子供たちと、 けなげで明るいお母さんを見ていると、 見事に物語に引き込まれてしまいます。 個人的にはお父さんの死がいまいち納得できませ …

映画「推理作家ポー 最後の5日間」★★☆☆☆(2)

少々残酷がシーンが連発するので、緊張感を持ってみることができます。 しかし、最後の5日間っていうタイトルが大きく評価をさげました。 一体何日目なのかよくわからないんで、そろそろ3日目かな?なんて思いな …

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」★★☆☆☆(2)

 あまり外れたところはないと思うが、 目新しいものを何も感じないのがとても残念です。 とにかくオリジナリティに欠けています。  よくある死者が見えるパターンの主人公が活躍します。 最後の驚くべき展開! …

映画「舟を編む」★★★☆☆(3)

 日本アカデミーで最優秀作品賞を受賞した作品です。 テーマが斬新?で、辞書の編集を通して人々の関わり合いを描いています。  流石日本アカデミーを受賞しただけあって、なかなか面白いと思います。 最優秀男 …

映画「マレフィセント」★★★☆☆(3)

映像もキャストもすごいのだから、 思い切ってストーリーにもう少し毒があってもいいのではなかったでしょうか。 その点が少し残念です。 それを除けば大迫力の映像で、 もし私が子供だったら大迫力の映像に飲み …