映画

映画「ローズマリーの赤ちゃん」★★★★☆(4)

投稿日:

アメリカンニューシネマの中でも少し異彩を放っているのが本作品です。
暴力シーンがあるわけではないのに、
隣のおばあさんが気持ち悪すぎます。

意外な見どころは舞台となっているアパートです。
ジョン・レノン夫婦が住んでいたことで有名なダコタ・ハウスで撮影されています。

ちなみにローズマリーの赤ちゃんがみれるバージョンと見れないバージョンがあります。
レンタルでならんでいるDVDでは見れないようです。
何度かTV放送された中では見れたバージョンもあるようです。

また、実は本編の続きもあるようなので驚きです。
「続・ローズマリーの赤ちゃん」
アメリカのTVで放映されたようです。

続編の出来はわかりませんが、
本作品のできとしては、なかなかだと思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★★(5)

さすがジェフリー・ラッシュというべき迫真の演技力です。 シャインの時もそうでしたが、 こうした特徴のある役柄をするほど彼の演技力は光るような気がします。 映画館で配られるチラシには 「結末を知ったらも …

映画「アメリカンハッスル」★★★★☆(4)

バットマンとは想像のつかない姿で登場するクリスチャン・ベイル。 流石というべき貫禄のジェレミー・レナー。 リアルな妻を演じるジェニファー・ローレンス。 謎を秘めながらの愛人、エイミー・アダムス。 切れ …

映画「蒲田行進曲」★★★★★(5)

往年の名作です。 ダメ役者ヤス(平田満)が、大物俳優の銀ちゃん(風間杜夫)から、 子供ができたということで、彼女の小夏(松坂慶子)を嫁にしろという展開から、 ヤスが一念発起していきます。 「(小指をた …

映画「僕が星になるまえに」★★★☆☆(3)

個人的には以前にたような映画を見た気がしてならない。 男ばかりの友情を描いている点は評価に値する。 なんとなくスタンドバイミーを連想させるが、 大人の旅なのでそこまでのさわやかさはない。 もしかしてツ …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …