猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

strposの注意点

投稿日:

文字列が含まれているかどうかをチェックするには
strposが高速です。

対象があれば0以上の値をかえしますが、
対象がなければfalseを返します。

そのため
!== false
の場合は対象データがあり
と判断しないと間違いのもとになります。
注意しましょう。

if(strpos('abcdefg','abc') !== false){
・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-

執筆者:

関連記事

CakePHPでControllerからViewへデータを渡す時の注意点

Controller側で $this->set(‘hensu’,$role); $this->set(‘aaa’,’xxx’); としてやれば、View側で ; ; として値を取り出すこと …

CakePHPでbakeしてみる

CakePHPには便利なコマンドがたくさんありますが、なかなか使いこなせません。 そんな方はまずbakeを使用していみるとよいでしょう。 テーブルを元にして、簡単なindex,add,edit,del …

PHP execで別exeが実行できない

他のサイトでも色々紹介されていますので、あまり紹介されていないパターンのご紹介です。 どうしても実行できないときは、まずexecを呼び出しているときのカレントワーキングディレクトリを確認してください。 …

asp

IIS(ASP.NET)ではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

以前「タスクタスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない」 という記事を記載したが、ASP上でも同じことが言えます。 ASPも実行するのがログインしているユーザーとはことなり …

PHPのダブルクォーテーションとシングルクォーテーション

PHPではどちらでも利用できます。 ダブルクォーテーション => 文字列中の変数を展開する シングルクォーテーション => 文字列中の変数を展開しない という違いがあるようですが、あまり意 …