旅行

群馬県 滝沢の不動滝

投稿日:

落差32メートルとううたい文句にひかれて軽い気持ちで向かいました。

私は11月初旬に訪れたのですが、
滝の入り口を見つけるのにずいぶん時間がかかってしまいました。

また、山見も予想以上に行き帰りに時間がかかり、
危うく暗闇のなか移動できなくなるところでした。

非常に危険な場所というまではいかないと思うのですが、
とにかく道が不親切です。

川が流れるところまでは難なくたどりつくのですが、
川が出現してからは道がよくわかりません。

岩にペンキらしきもので矢印らしき跡があるのですが、
「国定忠治の岩穴」なのか「滝への道」
なのかよくわかりません。

結局道があっていたのかどうかよくわからないまま、
なんとか滝が見えるところまでは近づきましたが、
おそらくもっと近寄ることができると思われます・・・

出発が遅かった私たちにはこれ以上の接近は危険なため不可能でした。

もし道を熟知している人なら1時間程で到着できると思われます。

しかし川沿いの道は非常に不親切なので、
初めて訪れる方は、
十分に余裕をもって午前中には出発することをおすすめします。

道が険しく、あまり観光客もいないため、
迷子になったり暗くなったりしたら危険です。

お子様を連れている方は、最低中学生以上のでないと滝の近くまでは厳しいでしょう。

しかし、途中に滝を遠くに眺めることのできる場所があるので、
そこまででしたら小さなお子様を連れてお散歩することも可能と思われます。

滝を目指すには
まずは車で滝沢館という旅館を目指すといいでしょう。
(ちなみにこの宿の温泉は、日本の秘湯の一つです。)
カーナビに滝の住所を入力しても、目的地にはたどりつけません。


滝沢館から看板にしたがって山道を
前不動駐車場が見えてきます。
そこに車を止めてあとは山道を歩いて滝を目指します。

滝沢の不動滝

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-旅行,
-

執筆者:

関連記事

島根県 猪目洞窟(いのめどうくつ)

古代の人々は、死者の世界を「黄泉(よみ)」と表現していました。 『出雲国風土記』には、 「夢にこの磯の窟(あな)の辺りに至れば、必ず死ぬ。故、俗人古(いにしえ)より今にいたるまで、 黄泉の坂、黄泉の穴 …

島根県 韓竈(からかま)神社

山の中にあり、参拝するには険しい階段と少しの山道を通らなければならない。 そして最後に人一人がやっと通れる程の細い岩の間を通りぬけると、 やっと韓竈(からかま)神社にたどり着くことができる。 距離は登 …

埼玉県 神庭洞窟

神庭(かにわ)洞窟と読みます。 国道140号を進んでいると、ちらっと対岸に見えるのがこの洞窟です。 縄文時代の土器や等が発掘された場所です。 私達パーティーは、洞窟の右側にあるグラウンドから回り込み、 …

和歌山県 白浜 三段壁洞窟

入場料がなんと1200円もする洞窟です。 払わなければ、エレベーターに乗れず、凄さは全くわかりません・・・。 とりあえず、特に関東方面からくる人にとっては、 白浜はなかなか交通の便が悪いばしょです。 …

東京都 威光寺弁天洞窟

よみうりランドの裏にひっそりとあるお寺の奥にある洞窟です。 洞窟といっても非常に小さく円形になっています。 10分もあれば十分にみることができるでしょう。 中は小さいながらに色々あります。 奥には封印 …