未分類

CakePHPでセッションとクッキーの有効期限を設定する

投稿日:2013年10月5日 更新日:

./Config/core.phpを下記のようにすると
ブラウザの保存するクッキーは有効期限0で、ブラウザを終了すればなくなります。
一方データベースに保存するセッション情報は15分でなくなるので、
15分アクセスしなければ再度ログインが必要になります。
(正確にはデータベースのセッション情報の有効期限が15分)

./Config/core.php
       Configure::write('Session', array(
                'defaults' => 'database',
                'cookie' => sid',
                'cookieTimeout' => '0',
                'timeout' => '15',
                'checkAgent' => 'true'
        ));

はじめtimeoutを0にする設定しかしていませんでした。
すると、サーバー側(データベース)のセッション有効期限も0となり、
想定どおりの動きをしてくれませんでした。

かな~りはまった・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-,

執筆者:

関連記事

CakePHP FormHelperでhidden属性を設定する

ユーザーIDなどのラベルなどで使用する変更できない値などを渡す場合に便利です。 echo $this->Form->hidden(‘User.cust_code’ ,array(‘valu …

CakePHPの初期画面を変更する

/Config/routes.phpを編集すればOKです。 もちろん事前に対応するページを作成しておかなくてはいけません。 まずはbakeコマンドでサンプルページを作成しておけばスムーズに開発できるで …

PDO SQLSRVが認識しない

Windows上でPHPを使ってSQLSERVERに接続するためには PDO SQLSERVERというエクステンションを追加するのが一般的だと思います。 がどうしてもうまく認識してくれません。 認識し …

CakePHPで簡単なjavascriptのサンプル

Viewに記述するだけの簡単なサンプルです・・・ ・・・ echo ‘<div class="submit"></div></form>’; ? …

asp

IIS(ASP.NET)ではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない

以前「タスクタスクスケジュールではネットワークドライブの割り当てを使ってはいけない」 という記事を記載したが、ASP上でも同じことが言えます。 ASPも実行するのがログインしているユーザーとはことなり …