未分類

CakePHPでセッションとクッキーの有効期限を設定する

投稿日:2013年10月5日 更新日:

./Config/core.phpを下記のようにすると
ブラウザの保存するクッキーは有効期限0で、ブラウザを終了すればなくなります。
一方データベースに保存するセッション情報は15分でなくなるので、
15分アクセスしなければ再度ログインが必要になります。
(正確にはデータベースのセッション情報の有効期限が15分)

./Config/core.php
       Configure::write('Session', array(
                'defaults' => 'database',
                'cookie' => sid',
                'cookieTimeout' => '0',
                'timeout' => '15',
                'checkAgent' => 'true'
        ));

はじめtimeoutを0にする設定しかしていませんでした。
すると、サーバー側(データベース)のセッション有効期限も0となり、
想定どおりの動きをしてくれませんでした。

かな~りはまった・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-,

執筆者:

関連記事

CakePHPで定数を定義する

定数の定義には Configの下にconst.php を作成するのが一番良いかと思われます。 そのために、 Config/bootstrap.php に require_once(‘con …

PDO SQLSRVが認識しない

Windows上でPHPを使ってSQLSERVERに接続するためには PDO SQLSERVERというエクステンションを追加するのが一般的だと思います。 がどうしてもうまく認識してくれません。 認識し …

strposの注意点

文字列が含まれているかどうかをチェックするには strposが高速です。 対象があれば0以上の値をかえしますが、 対象がなければfalseを返します。 そのため !== false の場合は対象データ …

CakePHPでSQLを直接実行する

正直find等を使用するのは面倒です。 SQLを直接実行するには以下のようにします。 $sql=’select count(*) as cnt, referer from acls where con …

CakePHP query時のキャッシュをオフにする方法

Controllerのアクション内で 更新とSELECTをループすると正常な値が取得できません。 それはCakePHPがキャッシュを見てしまうからです。 キャッシュをオフにするには、 第二引数をfal …