猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「テッド」★★★★☆(4)

投稿日:

可愛らしいくまちゃんの人形の映画・・・ではありません :x001:

R15+指定されています。
激しく卑猥なセリフが連発する、
アダルトアメリカンコメディです。

しかしそこそこは面白いとも思います。

大人になりきれないジョンを、落ちぶれた人形のテッドが足を引っ張ります。
人のせいにばかりするあたりのジョン・・・ある意味かなりリアリティ溢れるキャラです。

下品さが激しいだけではなく、誰しもが抱く人間のダメな部分が辛辣に描かれています。

見ても損はないできだとおもいますが、歴史に残る名作でもありません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「マレフィセント」★★★☆☆(3)

映像もキャストもすごいのだから、 思い切ってストーリーにもう少し毒があってもいいのではなかったでしょうか。 その点が少し残念です。 それを除けば大迫力の映像で、 もし私が子供だったら大迫力の映像に飲み …

映画「アザーマン~もう一人の男~」★☆☆☆☆(1)

96時間のリーアム・ニーソン繋がりで見てしまいました。 これを普通のサスペンスと思ってみると失望します。 恐ろしくくだらないストーリーです。 個々の役者はなかなかのものだと思うのですが、 ストーリーで …

映画「スーパーマン リターンズ」★★☆☆☆(2)

 ここ数年スーパーマンシリーズが多数でているが、 タイトルを見ただけではどの時期の話かは理解できないのがまず痛い。  本作品は、スーパーマンが故郷の星「クリプトン」の残骸が発見されたと聞き、愛するロイ …

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …