映画

映画「耳をすませば」★★☆☆☆(2)

投稿日:

多感な少年少女の物語といったところでしょうか。
進路に悩むといったあたりは誰にでもあるでしょうから共感すべきところは多いと思います。

ただ後半の物語の空想シーンは正直好きではありません。

この映画の見所はなんといっても
「カントリー・ロード」なのではないでしょうか?

この歌をきけば、この映画が思い出されてしまいます。

映画としてみたらイマイチな作品だと思いますが、
このテーマソングのおかげでなんとか地位を確保したといったところでしょうか?

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「僕が星になるまえに」★★★☆☆(3)

個人的には以前にたような映画を見た気がしてならない。 男ばかりの友情を描いている点は評価に値する。 なんとなくスタンドバイミーを連想させるが、 大人の旅なのでそこまでのさわやかさはない。 もしかしてツ …

映画「ワールド・ウォーZ 」★★★☆☆(3)

ブラッド・ピットが主演の、いわゆるゾンビ映画です。 数あるゾンビ英の中でも、本作品の見どころは、 なんといってもブラピが出ているでけあって、 お金がかかっていそうな点です。 ゾンビの凶暴っぷりが最恐で …

映画「ナルニア国物語 」★★★★☆(4)

イギリスからナルニア国に紛れ込む4人の兄弟と、 ナルニア国の住民たちの物語です。  ロード・オブ・ザ・リングを彷彿させるかのような映像にも見えますが、 実際にみてみるとはるかに劣るできです。  ストー …

映画「大統領の執事の涙」★★★☆☆(3)

人種差別がテーマなので、そこそこ感動することは間違いない。 実話に基づく話らしいので、そこも評価されるべきだ。 実話をテーマにした作品は、脚色がなさ過ぎてつまらないか、 非常に感動する作品しかない。 …

映画「レ・ミゼラブル」★★★★☆(4)

フランスの作家、ヴィクトル・ユーゴーによる大河小説が原作です。 そのためストーリーは壮大かつ七月革命後のフランスを描いており活力に満ちています。 全編を通して舞台的な表現方法をとっており、歌が随所で出 …