猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「耳をすませば」★★☆☆☆(2)

投稿日:

多感な少年少女の物語といったところでしょうか。
進路に悩むといったあたりは誰にでもあるでしょうから共感すべきところは多いと思います。

ただ後半の物語の空想シーンは正直好きではありません。

この映画の見所はなんといっても
「カントリー・ロード」なのではないでしょうか?

この歌をきけば、この映画が思い出されてしまいます。

映画としてみたらイマイチな作品だと思いますが、
このテーマソングのおかげでなんとか地位を確保したといったところでしょうか?

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「アメイジング・スパイダーマン 」★★★★☆(4)

この映画のポイントは、 なんといってもスパイダーマンのリアルさだろう。 特撮だらけの映画ではあるのだが、 スパイダーマンからだされるネットがやけにリアルに感じられ、 ニューヨークの摩天楼を飛び交う姿が …

映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★★(5)

私はHFR(ハイ・フレーム・レート)、つまり通常は秒間24コマのところ48コマ使用している3Dでみました。 これが正解でした!! 以前、アイアンマンを3Dで見たのですが、目が疲れて半分寝てしまいました …

映画「スーパーマン リターンズ」★★☆☆☆(2)

 ここ数年スーパーマンシリーズが多数でているが、 タイトルを見ただけではどの時期の話かは理解できないのがまず痛い。  本作品は、スーパーマンが故郷の星「クリプトン」の残骸が発見されたと聞き、愛するロイ …

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」★★☆☆☆(2)

 あまり外れたところはないと思うが、 目新しいものを何も感じないのがとても残念です。 とにかくオリジナリティに欠けています。  よくある死者が見えるパターンの主人公が活躍します。 最後の驚くべき展開! …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …