猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「レ・ミゼラブル」★★★★☆(4)

投稿日:2013年7月22日 更新日:

フランスの作家、ヴィクトル・ユーゴーによる大河小説が原作です。
そのためストーリーは壮大かつ七月革命後のフランスを描いており活力に満ちています。

全編を通して舞台的な表現方法をとっており、歌が随所で出てきます。
そのため俳優たちの演技力並びに歌唱力に驚きます。

ヒュー・ジャックマン演じるパン泥棒の汚名を着せられ生き抜くジャン・ヴァルジャンの半生を描きながら、
激動の時代を一貫したスタイルで表現しているあたりは素晴らしいと思います。

ラッセル・クロウ演じる法の番人ジャベール。
アン・ハサウェイ演じる不運の母親ファンテーヌ
アマンダ・セイフライド演じるジャンバルジャンを導くコゼット。
ヘレナ・ボナム・カーター演じる宿屋のおかみテナルディエ。
その他脇役に至るまで多くの俳優が生き生きと描かれています。

そして見る者は誰かに共感や反感を感じるでしょう。

名作を見事に映画化した作品です。
俳優の個性が色濃く出ている作品ですので、
時代が変わっていつか再作品化された際には別のレ・ミゼラブルとなっていることでしょう。

なお本作品で頻繁に登場する歌の一つは、
スーザンボイルがI Dreamed a Dreamを歌ったことで皆さんもご存じでしょう :x002:

かなりの名作だと思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「最強のふたり」★★★★☆(4)

フランス映画だが相当面白い!! :x002: ちなみに日本で公開されたフランス映画の中で歴代1位らしい。 体の不自由な大富豪とその介護者となった貧民層のふれあいを描いている。 実話らしいが、正直どこま …

映画「ジャージー・ボーイズ」★★★★★(5)

ミュージカルとしてもあるようだが、これは映画の評価です。 私の中ではクリント・イーストウッドは監督としての評価はあまりよくありませんでした。 しかし、この作品で大きく変わりました。 映画の中の登場人物 …

映画「ローマ法王の休日」★☆☆☆☆(1)

初めの10分間はドキドキしました。 コンクラーベとうい日本人にはなじみのない法王を選出するシーンから始まります。 正直ここまでなら相当ランクの高い映画として評価するでしょう。 しかし、本題であるローマ …

映画「推理作家ポー 最後の5日間」★★☆☆☆(2)

少々残酷がシーンが連発するので、緊張感を持ってみることができます。 しかし、最後の5日間っていうタイトルが大きく評価をさげました。 一体何日目なのかよくわからないんで、そろそろ3日目かな?なんて思いな …

映画「ミーン・ストリート」★☆☆☆☆(1)

アメリカンニューシネマの1本。 mean street は ”みすぼらしい街”=リトル・イタリー”という意味のようです。 いつもながらロバート・デニーロ演じるジョニー・ボーイのダメ人間っぷりは恐ろしく …