Linux

ntpq -pの見方

投稿日:2013年4月22日 更新日:

ntpq -pで、ntpdの同期の状態を確認できます。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*192.168.1.1     133.243.238.163 14 u  457 1024   17    1.270  -212.41  16.880
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l    9   64  377    0.000    0.000   0.001

・参照するように設定されているNTPサーバー。
 remoteの左についている*が現在同期中のサーバーです。
・refid 上位のNTPサーバ。192.168.1.1は、133.243.238.163(ntp.nict.jp)を参照している。
・st stratum番号、サーバーが第何階層か示す。
・when は前回参照から経過した秒数。pollに達すると参照する。
・poll は参照する間隔(秒数)。設定により随時変更される。
・reach 過去8回のポーリングの結果、同期した(1)、同期しなかった(0)を表す。8進数表記。
 NTPの同期ができなくなった時の遷移
 376 -> 374 -> 370 -> 360 -> 340 -> 300 -> 200 -> 0(同期ロス)
 NTPが同期し始めたときの遷移
 1 -> 3 -> 7 -> 17 -> 37 -> 77 -> 177 -> 377(全部同期している)
・offset NTPサーバとのずれ(ミリ秒)
・jitter NTPサーバがどのくらい正確な時刻を提供できているのかといった“揺らぎ”を統計学的に表現したもので、値が小さいほど正確とされる。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

LV(論理ボリューム)の拡張

マウントされているサイズ(/varなど)を拡張する場合には、論理ボリュームを拡張します。 以下の作業はオンラインで可能です。 INDEX1 マウントされている論理ボリュームを確認する2 論理ボリューム …

windows

VMwarePlyaerでCentOSをインストールする

Linuxを勉強するためにはまずLinuxをインストールしなくてはいけません。 いらないPCがあればいいのですが、なかなかそうもいきません。 そこで、WindowsにフリーのVMwarePlayerを …

linux

tcpdumpでパケットキャプチャをする

パケットキャプチャといえばwire sharkでしょう。でも簡単にキャプチャしたい場合はいくらでもあるはずです。 linuxならtcpdumpがお勧めです。 INDEX1 基本的な使い方2 ソースホス …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …

linux

viで先頭行・最終行・指定行へ移動する

■先頭 1G gg ■最後 G 最終行に移動します。 ■行指定 [数字]G :[数字] 最後に、行番号の表示 :set nu たまーに大きなファイルを開くと必要になるんですよね :x001: 【改訂新 …