映画

映画「硫黄島からの手紙」★☆☆☆☆(1)

投稿日:2013年4月19日 更新日:

見れなくもないが、相当な駄作と言わなくてはいけません。
映画館でみればもう少しよかったのかもしれませんが・・・。

まず音響が最悪です。
セリフが何を言っているのか分かりません。
正直字幕があれば楽なのにな~とおもいました。
その反面、砲弾等の音は巨大です・・・。
家ではみれたものじゃありません。

画像が最悪です。
雰囲気を出すために、彩度を落としているようなのですが、
彩度の反面映像はシャープです。
ようするに色が落ちていて目が疲れるだけです。

何故かやけにノリが軽いキャラおり、不愉快極まりない感じがします。
日本人が日本語を話しているわけですが、
東京育ちの方が関西弁をはなしているようなチグハグ感が終始つきまとい苦痛です。

このように、映画としては最低ランクと思われるのですが、
太平洋戦争という題材は非常に興味深いものです。

数値の上では圧倒的不利な状況を、精神論でカバーしようと国家が大いに狂った時代です。
日本史史上ここまで狂気に陥った時代はありません。
しかもこの時代は太平洋戦争終焉までのごくごくわずかな期間です。
その狂気を伝えることが目的だったんでしょうか?

「天皇バンザーイ!!」と叫んだり、自爆したり、味方を殺そうとしたり、
敵兵は惨殺したり・・・。
この映画を、何の予備知識もなく見れば、日本人はただのアホと写ることでしょうし、
実際多くの方がそうでしょう。
特に日本史などに興味のないほとんどの海外の人にはそう映るでしょう。

もしこの時代の日本国民の心情を伝えたかったのであれば、
あまりに浅いストーリーと言わざる終えません・・・。
なぜなら、こうした狂気の時代へ突入していったことへ対し、
何一つ予備知識も流れも示されていないからです。

硫黄島での数日間の狂気しか描かれていないからです。

唯一救われるのは、これが海外の方が監督だということでしょうか・・・。
過去をどう評価するかは別として、よいことであると思われます。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ツリー・オブ・ライフ」★☆☆☆☆(1)

2011年のカンヌ国際映画祭での最高賞であるパルム・ドール賞を受賞しています。 多くの美しい映像がふんだんにもりこまれています。 敬虔なクリスチャンである妻と、「人を威圧しろ」と子供に教え込む夫、 そ …

映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」★★★☆☆(3)

私は「ウルヴァリン: SAMURAI」 を先に見てしまいましたが、 X-MEN ZEROの方が時代的にも前の話です。 ウルヴァリンの誕生が描かれているので、 ファンは必見です 重要な関連性はないので、 …

映画「96時間」★★★★☆(4)

96時間リベンジの公開に合わせて、 テレビで放映していました。 でかいリーアム・ニーソンが大迫力で無茶苦茶な活躍をしてくれます。 父の愛の前では、他人の家庭はどうでもいい! 悪者は殺していい! という …

映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」★★★★☆(4)

サブタイトルは「かむさりなあなあにちじょう」と読む。 何が面白かったといわれればよくわからないが、 染谷将太や阿部純大たちの素朴な演技と林業がまっちしていて、日本映画らしい良い雰囲気をだしている。 最 …

映画「96時間/リベンジ」★★★★☆(4)

相変わらず悪党を虫けらのように殺していくあたりに、 ある種の爽快感があります。 人の命の価値観が問われる作品ではありますが、 細かいことを抜きに、アクション映画としてみるとなかなかのできだと思います。 …