Linux

SELinuxの概要

投稿日:2013年3月20日 更新日:

SELinxの概要

プロセスがファイルなどのリソースにアクセスする際に、通常のLinuxのアクセス制御(パーミッション・チェック)に加え、必ずTEによるチェックをする仕組みです。
TEとは、「Type-Enforcement」と呼ばれるアクセス制御機能です。
通常のLinuxのパーミッションチェックは、はユーザー名に基づいてアクセス制御を行いますが、TEではポリシーファイルに設定されたドメインタイプを使ってアクセス制御を行います。

SELinuxはあくまでシステムに侵入された場合に、被害を最小限に抑えるための仕組みです。
そのため、SELinuxを有効にしているからと言って、ファイヤーウォールは不要というわけではありません。あしからず。

SELinxのチェックの流れ

①プロセスからのアクセス要求
プロセスには「ドメイン」と呼ばれるラベル(識別子)が付与されるます。
例)Webサーバーのプロセス(/usr/sbin/httpd)には「httpd_t」というドメイン

②SELinuxモジュールのアクセスチェック
ポリシーファイルには、プロセスに対応する「ドメイン」と、リソースに対応する「タイプ」がセットでアクセス設定されています。
TEがそれをチェックします。
例)Webページ(var/www内のファイル一式)には「httpd_sys_content_t」というタイプ

③ファイルへアクセス
アクセスが許可された場合、実際にファイルにアクセスを行います。
アクセスが拒否された場合は、アクセスが拒否されたことがログに記録されます。

確認

SELinuxが有効になっているかどうかは以下のコマンドで確認できます。

#  getenforce
Enforcing

enforcing:クセス制御が有効
permissive:警告を出力するが、アクセス制限は無効
disabled:アクセス制御が無効

SELnuxが原因でうまくファイルにアクセスできない場合は、permissiveモードに設定してログを確認しましょう。
setenforceコマンドで変更できます。

再起動後も設定の状態を保持するには、selinuxファイルを修正します。

# vi etc/sysconfig/selinux

# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
#     enforcing - SELinux security policy is enforced.
#     permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
#     disabled - No SELinux policy is loaded.
##SELINUX=enforcing
SELINUX=disabled

ドメインの確認

ドメインの確認はpsコマンドで可能です。

# ps -eZ
LABEL                             PID TTY          TIME CMD
system_u:system_r:init_t            1 ?        00:00:00 init
system_u:system_r:kernel_t          2 ?        00:00:00 migration/0
system_u:system_r:kernel_t          3 ?        00:00:00 ksoftirqd/0
system_u:system_r:kernel_t          4 ?        00:00:00 watchdog/0
・・・

具体的な設定方法は別の機会に・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

ntpq -pの見方

ntpdを起動してもすぐには同期されません。 同期の状態を確認するのに使用するコマンドが ntpq -p です。 # ntpq -p remote refid st t when poll reach …

linux

vmware上のCentOSに仮想化ソフトxenをインストールする(4)ネットワークの構築

INDEX1 概要2 libvirtを使用したネットワーク構築方法3 xenbrを使用したネットワークの構築方法 概要 仮想OS用のネットワークの構築方法です。 libvirtを使用する方法とxenb …

linux

mailコマンドでメールを読む

linxを操作していれば必ず発生しているのが You have mail in /var/spool/mail/root です。 メッセージの通り/var/spool/mail/root とにあり、ア …

linux

linuxのユーザーの基本

linuxではインストール時に管理者権限をもつrootというユーザーが作成されます。 その後はwindows同様に一般ユーザーを作成したりして管理していきます。 ユーザーはいずれか、もしくは複数のグル …

linux

tcpdumpのフィルターのまとめ

tcpdumpの基本的な使用方法はこちら ## 名前解決をしない tcpdump -n src 192.168.100.1 and dst 192.168.100.2 ## インターフェイスを指定する …