猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「桐島、部活やめるってよ」★★★★☆(4)

投稿日:2013年3月18日 更新日:

第36回日本アカデミー賞・最優秀作品賞ということで早速みてみました :x002:

結局あらわれない桐島を追いかけ続ける、
彼女やバレー部、映画部、帰宅部の人間模様を、
それぞれの視点から映していきます。

ほんの数日間の学校生活をテーマにしているため、
誰にでもなじめるストーリーなのではないでしょうか。

画期的!!とまでも行かないのですが、
それぞれの生徒の生活や感情が交差していく様を描いている映画としては、
なかなか良くできているように思います。

ただあまりにも桐島が部活を辞めると言ってからのわずかな期間しかストーリーをじられず、
その前後は一体何なんだと思わずにはいられません・・・。
まっ、そういうのを狙っているんだと思いますがね・・・。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」★★★☆☆(3)

アメリカでは無名のシンガー ロドリゲス。 しかし彼は、彼自身が知らぬ間に南アフリカではスーパースターとなっていました。 ドキュメンタリー映画であるために、 評価を下すべき点は少ないのかもしれません。 …

映画「ソハの地下水道」★★★☆☆(3)

第二次大戦、ドイツ配下のポーランドで、 下水修理業者のソハが、ユダヤ人をかくまう話です。 残酷過ぎる映像はないものの、実話であるというのが忘れてはいけない現実です。 地下での生活を中心に描かれているた …

映画「テッド」★★★★☆(4)

可愛らしいくまちゃんの人形の映画・・・ではありません :x001: R15+指定されています。 激しく卑猥なセリフが連発する、 アダルトアメリカンコメディです。 しかしそこそこは面白いとも思います。 …

映画「WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜」★★★★☆(4)

サブタイトルは「かむさりなあなあにちじょう」と読む。 何が面白かったといわれればよくわからないが、 染谷将太や阿部純大たちの素朴な演技と林業がまっちしていて、日本映画らしい良い雰囲気をだしている。 最 …

映画「狼たちの午後(Dog Day Afternoon)」★★★☆☆(3)

実在した強盗犯をアル・パチーノが演じるアメリカン・ニューシネマです。 衝撃的なことは『本作品の殆どのシーンは役者たちのアドリブによって撮影されている(wikiより)』ということです。 これが功を奏して …