映画

映画「E.V.P エレクトリック・ボイス・フェノミナン」☆☆☆☆☆(0)

投稿日:2013年2月26日 更新日:

先に言っておくと、見る価値は全くありません。

綺麗すぎる精神病院の跡に、学生達が超常現象の調査に向かいます。

富士急ハイランドに、ジキュウ総合病院とい歩くタイプのお化け屋敷があります。
それと全く同じ雰囲気です。
もちろん富士急の方が恐ろしいことは言うまでもありません。

ビデオに映る霊らしきものはどれも迫力がなく、
心霊現象のオタクと自称する、生き残ったジョンが、
何故か自分では何も調査せず、友達を驚かせるだけの行動しかしないのか意味不明です。

ストーリーの不自然さは最後まで続き、
吸い込まれたはずのジョンは病院にいます。

最後に何かをつぶやきますが、
結局それが分からず終いのためイラッとします。

その後、その病院がセットだったと分かるのですが、
その時には驚きはなく苛立しか感じないでしょう。

私は見るべきではないと思います。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「her/世界でひとつの彼女」★★★☆☆(3)

声だけのOSの彼女にひかれていく話だ。 主人公のセオドアは、人の手紙を代筆する仕事をしている。 残念ながら、日本語字幕では大した感動はない。 とても残念です。 OSであるサマンサとの関係はこの映画の見 …

映画「王妃の紋章」★★☆☆☆(2)

後唐時代の中国映画。キャストが著名な、史実をもとにしているおり、いるようではあるが、歴史的な価値はほとんどないと思われます。 全体を通して、監督の美的感覚が表れていますが、きわどい映像は一切ありません …

映画「96時間/リベンジ」★★★★☆(4)

相変わらず悪党を虫けらのように殺していくあたりに、 ある種の爽快感があります。 人の命の価値観が問われる作品ではありますが、 細かいことを抜きに、アクション映画としてみるとなかなかのできだと思います。 …

映画「レ・ミゼラブル」★★★★☆(4)

フランスの作家、ヴィクトル・ユーゴーによる大河小説が原作です。 そのためストーリーは壮大かつ七月革命後のフランスを描いており活力に満ちています。 全編を通して舞台的な表現方法をとっており、歌が随所で出 …

映画「ホビット 決戦のゆくえ」★★★★★(5)

私はHFR(ハイ・フレーム・レート)、つまり通常は秒間24コマのところ48コマ使用している3Dでみました。 これが正解でした!! 以前、アイアンマンを3Dで見たのですが、目が疲れて半分寝てしまいました …