猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

名言 歴史

坂の上の雲 勇気はかれの自己教育の所産・・・

投稿日:2012年12月12日 更新日:

 …かれ(秋山好古)が松山でおくった少年のころや大阪と名古屋でくらした教員時代、ひとびとはかれからおよそ豪傑を想像しなかった。おだやかで親切な少年であり、青年であったにすぎない。それが、官費で学問ができるというので軍人になった。軍人になると、国家はかれにヨーロッパふうの騎兵の教育者として期待し、かれもそのような自分であるべく努力した。
 かれは自己教育の結果、「豪傑」になったのであろう。いくさに勝つについてのあらゆる努力をおしまなかったが、しかしかれ自身の個人動作としてその右手で血刀をふるい、敵の肉を刺し、骨をたつようなことはひそかに避けようとしていたのではないか。むろんそのために竹光を腰に吊るということは、よほどの勇気が要る。勇気はあるいは固有のものではなく、かれの自己教育の所産であったようにおもわれる。

坂の上の雲(二)司馬遼太郎 文春文庫P95-P96

NHKのスペシャルドラマでも登場する名言です。

阿部寛演じる秋山好古は、努力家で頭がよく、辛抱強く、酒豪で…と並々ならぬ人物であったことを終始見事に演じています。
実際にそうだったのでしょう。

しかし、この司馬遼太郎の解説は、雲の上の様な存在としての秋山好古ではなく、自己教育という誰もがなしうるものの結果であったと指摘することで、激動の明治という時代を生きる一人の人間であったことを読者(視聴者)に思わせる重要なものです。

このセリフにより、過去の偉人である秋山好古は、グッと私たちに身近な存在になり、時代は違えど今いる私たちにも共感しうるものが生まれてきます。

とはいえやはり、それほどの自己教育が私にできるかというと、答えるまでもありませんが・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-名言, 歴史
-,

執筆者:

関連記事

明治維新

明治維新は、国民国家を成立させて日本を植民地化の危険からすくいだすというただ一つの目的のために、一挙に法権社会を否定した革命だった。 司馬遼太郎「この国のかたち」1P87 この国のかたち〈1〉 (文春 …

神話の時代(3) 天照大御神(アマテラスオオミカミ)、月読命(ツクヨミノミコト)、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)

 黄泉の国から帰った伊邪那岐命(イザナギノミコト)は体を河原で清めます。 その時に十二種の神々が生まれました。  その後左目を洗った時に天照大御神(アマテラスオオミカミ)。右目を洗った時に月読命(ツク …

1905年05月27日 日露戦争 日本海海戦 東郷ターン

日露戦争での日本海海戦は坂の上の雲でもクライマックス的なシーンです。 その中でも渡哲也演じる東郷平八郎が右手を挙げて振り下ろすシーンはインパクト抜群です。 しかし、ある程度背景を知らなければこのシーン …

1894年07月16日 日英通商航海条約と領事裁判権

INDEX1 領事裁判権の背景2 日本国民を憤慨させた事件3 不平等条約の改正の動き4 陸奥宗光5 日露戦争 領事裁判権の背景 1853年、ペリー率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊4隻の前に日本はア …

二・二六事件

1936年(昭和11年)2月26日に決起された皇道派青年将校ら約1400人による日本最大のクーデーター未遂事件です。 彼はらは多くの裏切りにあい、東京陸軍軍法会議により処断されていきます。 INDEX …