猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

旅行

陣馬山・高尾山を縦走

投稿日:

全行程は約18kmにも及ぶが、
初心者でも安心のコースと設備が魅力の陣馬山から高尾山の縦走を行いました。

2014年4月26日

7:00
高尾山駅北口の駐車場に車を止めて、
高尾山駅北口のバス停に向かいます。
既に同じことを考えている多くの人々が、一つのバス停に並んでいるのですぐわかります。

1時間に一本なのですが、
バスが増便しており2台目になんとか乗り込むことができました。
このまま陣馬山高原下まで行きました。

8:30
ま陣馬山高原下でトイレに行き、出発です。
ここから陣場山までは大きく2つ。
新ハイキングコースと道路コースがあります。
どちらのルートも和田峠で合流します。
和田峠までタクシーや乗用車で行くことも可能で、
そこまで車で行くと簡単に頂上までいくこともできます。

道路コースはひたすら車道をあるくだけですが、
道は舗装されているのであるきやすのがポイントでしょう。

DSC_1663

9:30
和田峠に到着。
どのルートで行くにしろ、和田峠までこれば頂上はあと少しです。

10:10
遂に陣馬山山頂に到着です。
和田峠までの登り坂でヘロヘロになっているのでここで持ってきたお弁当を食べます。
そして10:45頃に次の目的地、景信山に向けて出発しました。

DSC_1681

11:30
明王峠を通りすぎます。

12:50
陣馬山から明王峠を腰、目標としていた中間地点、景信山に到着です。
予定通りのペースでこれましたが、悲劇はこの後始まります・・・。

そんなことも知らずに、
ここで冷え切ったジュースを購入してがぶ飲みし、
10分程の休憩をとりました。

DSC_1742

13:40
小仏峠到着。

14:10
小仏城山到着。

小仏峠と小仏城山の辺りは、
急な下り坂が続きます。
気が付けば膝が痛くなっていました。

ここから一気にペースとモチベーションが下がっていきます。

14:50
一丁平到着。

ほとんど桜の咲き終わった一丁平を超え、
高尾山に到着するころには虫の息となっていました。

DSC_1766

15:30
高尾山の山頂付近を徘徊。

16:20
薬王院の辺りをい徘徊。

DSC_1768

16:50
ケーブルカーに乗り込む。

17:30
高尾山北口まで戻ってきて
車に乗り込みました。

一旦痛めた足が急に良くなるはずもなく、
大幅なペースダウンを余儀なくされましたが、
日没は18:00以降なので、その点には余裕がありました。

陣馬山・高尾山縦走コースは安全なので大変人気のあるこーすです。
しかし、山の道の悪さと高低差は日常では経験することのないものです。

十分に注意していましょう。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-, 旅行
-

執筆者:

関連記事

鹿児島県 丸尾滝(温泉の滝)

温泉が滝となって流れ落ちているとい珍し~い滝です。 道路沿いにあるため、 車で近くによる機会があればだれでも行けます。 私は数メートルの岩場を降りて、 川の水を触ってみたのですが熱くはありませんでした …

日光市鬼怒川 古釜の滝

相当な滝マニアでない限り、この滝を目当てに訪れる人はあまりいないでしょう。 最近の縁結びブームにあやかって作成したと思われる、 鬼怒楯岩大吊橋を渡って、 坂を登れば展望台に縁結びの鐘があります。 逆に …

福島県 入水鍾乳洞

あぶくま洞のすぐ近くにありますが、 この鍾乳洞は圧倒的に訪問する方はすくなく、女子率は激減します。 名前の通り、途中から水の中を歩きます。 しかも水かさにもよると思われますが、かなり過酷です。 恐らく …

福島県 あぶくま洞

とにかく巨大な洞窟で初めて洞窟を訪れる方は圧倒されることでしょう。 家族ずれも非常に多く、また足場もしっかり整っています。 ライトアップも美しく、多彩な模様の岩石に感動すること間違いなしです。 一度は …

山梨県 船津胎内

富士山近辺に多く存在する溶岩樹形が連結してできた70m程の洞窟です。 入口が神社内にあることが私にとっては新鮮でした。 近くには鳴沢氷穴など見どころが多いので、 この近辺を回るだけでも一日がたってしま …