猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 」★★☆☆☆(2)

投稿日:

 あまり外れたところはないと思うが、
目新しいものを何も感じないのがとても残念です。
とにかくオリジナリティに欠けています。

 よくある死者が見えるパターンの主人公が活躍します。
最後の驚くべき展開!?ですら、新鮮味に欠けています。

 言い換えれば、斬新なストーリーだなーと感じる人にとっては、
かなり面白い作品であると思います。

 多少残酷なシーンがあり、少しだけ青春ドラマであり、
まあまあのCGが駆使されており・・・

 好きな人は好きかもしれません・・・・

調べてみると、原作の評価はかなりいいようです。
時間がれば読書にいそしむのもいいかもしれません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「残酷メルヘン/親指トムの冒険」★☆☆☆☆(1)

グリム童話が本当は残酷な話というのはよくご存じでしょう。 それに刺激されて作ったものと思われます。 個人的には、 前半が「ヘンゼルとグレーテル」、 後半が「三枚のお札」(これは日本の話ですが・・・) …

映画「マレフィセント」★★★☆☆(3)

映像もキャストもすごいのだから、 思い切ってストーリーにもう少し毒があってもいいのではなかったでしょうか。 その点が少し残念です。 それを除けば大迫力の映像で、 もし私が子供だったら大迫力の映像に飲み …

映画「猿の惑星 新世紀」★★☆☆☆(2)

2011年の映画『猿の惑星: 創世記』の続編。 今でも猿の惑星をみてしまうのは、 昔テレビでみた猿の惑星の最後がニューヨークだった! とうい展開が衝撃すぎたからだろう。 あの日の衝撃を引きずりながらつ …

映画「サイン」★★★★☆(4)

牧師だったグラハム(メル・ギブソン )の周りに奇怪な出来事が起こり始めます。 ストリーには伏線が多く、最後になってやっと全てが理解できます。 そのため、単調な感じの会話も見逃せません。 エイリアンとの …

映画「ボニーとクライド/俺たちに明日はない」★★★★★(5)

ザ・アメリカンニューシネマの一つといえるだろう。 ボニーとクラウドが爽やかに、 そして苦しみながら、 罪の意識を感じずに人を殺しながら銀行強盗の旅をする。 当初ウォーレン・ベイティ演じるクラウドは手を …