猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

未分類

CakePHPでセッションとクッキーの有効期限を設定する

投稿日:2013年10月5日 更新日:

./Config/core.phpを下記のようにすると
ブラウザの保存するクッキーは有効期限0で、ブラウザを終了すればなくなります。
一方データベースに保存するセッション情報は15分でなくなるので、
15分アクセスしなければ再度ログインが必要になります。
(正確にはデータベースのセッション情報の有効期限が15分)

./Config/core.php
       Configure::write('Session', array(
                'defaults' => 'database',
                'cookie' => sid',
                'cookieTimeout' => '0',
                'timeout' => '15',
                'checkAgent' => 'true'
        ));

はじめtimeoutを0にする設定しかしていませんでした。
すると、サーバー側(データベース)のセッション有効期限も0となり、
想定どおりの動きをしてくれませんでした。

かな~りはまった・・・

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-未分類
-,

執筆者:

関連記事

CakePHPからphpスクリプトをバックグラウンドで起動する

時間のかかる処理がある場合、 phpスクリプトをキックするだけで画面ではレスポンスを返したい場合があります。 app/Console/Command/text.php に実行したいphpスクリプトを置 …

CakePHP findでMySQL関数を使用したい

たとえばMySQLのconcatを使用して文字列を結合したいとします。 $data = $this->Company->find(‘list’, array( ‘fields’=>a …

CakePHPの初期画面を変更する

/Config/routes.phpを編集すればOKです。 もちろん事前に対応するページを作成しておかなくてはいけません。 まずはbakeコマンドでサンプルページを作成しておけばスムーズに開発できるで …

CakePHPでbakeしてみる

CakePHPには便利なコマンドがたくさんありますが、なかなか使いこなせません。 そんな方はまずbakeを使用していみるとよいでしょう。 テーブルを元にして、簡単なindex,add,edit,del …

CakePHPのインストール時によくあるエラー

INDEX1 タイムゾーンの設定2 tmpの書き込み権限3 セキュリティ4 Mod_ReWrite5 databaseファイル名6 Debug_kidのインストール タイムゾーンの設定 Warning …