猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

映画

映画「ミヒャエル」★★☆☆☆(2)

投稿日:

35歳の少年愛者の誘拐犯、ミヒャエルとその被害者の10歳の少年の話。

実話ではないと思いますが、オーストリアでは実際にこのような事件が多発しているようです・・・。

仕事はそこそこできて、人間関係も多少ある人間の犯行というところが恐ろしいです。

ミヒャエルはいかにもいそうなタイプです。

特に海外の人の中に。

そこそこ面白い?とも思うのですが、このジャンルの作品が名作となるにはもう一歩なにかが必用な気がします。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-映画
-

執筆者:

関連記事

映画「ロック・オブ・エイジズ」★★★☆☆(3)

出だしからいきなりのミュージカル風に戸惑います。 何故なら、今この作風で、過去をもしのぐものは作れないという先入観があるからです。 随時このミュージカ調テンポで話が進むため、 内容は非常に軽く感じます …

映画「ツリー・オブ・ライフ」★☆☆☆☆(1)

2011年のカンヌ国際映画祭での最高賞であるパルム・ドール賞を受賞しています。 多くの美しい映像がふんだんにもりこまれています。 敬虔なクリスチャンである妻と、「人を威圧しろ」と子供に教え込む夫、 そ …

映画「鑑定士と顔のない依頼人」★★★★★(5)

さすがジェフリー・ラッシュというべき迫真の演技力です。 シャインの時もそうでしたが、 こうした特徴のある役柄をするほど彼の演技力は光るような気がします。 映画館で配られるチラシには 「結末を知ったらも …

映画「リンカーン(Lincoln)」★☆☆☆☆(1)

南北戦争の最中、当時の大統領エイブラハム・リンカーンが、 奴隷解放宣言に引き続き、 アメリカ合衆国憲法修正第13条を可決することで奴隷解放の法的根拠を成立させようとする実話です。 非常に興味深いが、特 …

映画「アルゴ」★★☆☆☆(2)

1987年に実際に起こった6人のアメリカ大使館職員の脱出作戦。 アルゴという架空の映画作成を名目にCIA職員が救出にむかいます。 史実のようなのですが、そうだとすればあまりに片側からの視点しかなく、 …