猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

旅行 洞窟・鍾乳洞

千葉県 竹岡の黄金井戸と館山のヒカリモ群生域

投稿日:2013年6月25日 更新日:

千葉県在住の方でも知らない人が多いのが
国の天然記念物ヒカリモです。

名前の通り光る藻なのですが、実際には黄金色に輝いています。
訪れる方は、ネットで写真を目にして行くことでしょう。
実際に見ると驚愕です!!
国の天然記念物でもあるのも納得です。

多く方が訪れるのは竹岡の黄金井戸でしょう。
国道沿いにあるため、一目みようと自動車がひっきりなしに訪れます。
時期は3月~5月頃が見頃のようです。

私たち一行は5月19日でした。
その時の写真がこれです。

hikarimo1

ネットで見た写真とあまりに違った普通の井戸・・・
しゃがみ込んで見たり、フラッシュを焚いたり、懐中電灯で照らしたり・・・
微妙に油が浮いたように光っておりました :x001:
時期が遅すぎたのか、ネットの写真がウソだったのか・・・

次に訪れたのが、千葉県のもう一つのヒカリモを見れるスポットである
館山のヒカリモ群生域です。
こちらはなかなか見つからず、
近所の店の人に聞いてみても誰もしりません。

数件尋ねたところで
「なんとかサンゴならあったな~」
という情報を得ました。
私はヒカリモのことを勘違いしているのかと思いむかったところ、
ほぼ同じ場所にヒカリモ群生域と沼サンゴ層の看板を見つけることができました。

もし分からなければ館山市経済観光部商工観光課(0470-22-3346)へ電話することをお勧めします。
とても親切に教えてくれました。
館山城の南西に位置する大きい沼が目印です。

そして遂に!民家の奥の山肌にぽっかりと穴があいているのを発見しました!!
興奮しながらのぞいてみると光るどころか枯れていました・・・

看板によると、この館山のヒカリモ群生域は数か所あるようでしたので、
車をおいて道を歩くと穴がたくさんあいていました。
そしてその穴の一つがこれです!!

hikarimo2

光るというようり黄金に近い感じです。
しゃがむ必要もフラッシュもいりません。
輝いていました。

その重厚な輝きとは裏腹に、枝でなぞると線の跡がつくほど薄い膜(もちろん藻です)で、
その間からは底が見えます。
ただただ感動するばかりです。

ヒカリモ群生域を歩くと(5分もかかりません)、沼サンゴ層への道があります。
ここまでこられた方は行くべきでしょう。
沼サンゴ自体は地層学的価値のあるもかもしれませんが、私はあまり興味がわきませんでした。
それより素晴らしいのがその沼の景色です!

本当に日本なのか!?ヨーロッパの森の中です。

竹岡の黄金井戸も、時期がよければすごかったことでしょう。
とにかく生物ですので時期に注意しなければいけませんが、
このヒカリモはみる価値十分です。
超お勧め!! :x002:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-旅行, 洞窟・鍾乳洞
-

執筆者:

関連記事

福島県 入水鍾乳洞

あぶくま洞のすぐ近くにありますが、 この鍾乳洞は圧倒的に訪問する方はすくなく、女子率は激減します。 名前の通り、途中から水の中を歩きます。 しかも水かさにもよると思われますが、かなり過酷です。 恐らく …

鳥取県 三徳山三佛寺投入堂(みとくさんさんぶつじなげいれどう)

大昔に歴史の資料集に掲載されていた記憶があったので軽い気持ちで行ってしまいました。 まずはじめに間違ってはいけないことは、 ここは登山やトレッキングをする場所ではありません。修行の場所です。 一般人で …

和歌山県 白浜 三段壁洞窟

入場料がなんと1200円もする洞窟です。 払わなければ、エレベーターに乗れず、凄さは全くわかりません・・・。 とりあえず、特に関東方面からくる人にとっては、 白浜はなかなか交通の便が悪いばしょです。 …

山梨県 船津胎内

富士山近辺に多く存在する溶岩樹形が連結してできた70m程の洞窟です。 入口が神社内にあることが私にとっては新鮮でした。 近くには鳴沢氷穴など見どころが多いので、 この近辺を回るだけでも一日がたってしま …

島根県 猪目洞窟(いのめどうくつ)

古代の人々は、死者の世界を「黄泉(よみ)」と表現していました。 『出雲国風土記』には、 「夢にこの磯の窟(あな)の辺りに至れば、必ず死ぬ。故、俗人古(いにしえ)より今にいたるまで、 黄泉の坂、黄泉の穴 …