猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Network

ルーティングに潜む罠。pingが通るのに接続できない。pingが途切れる。

投稿日:2013年6月22日 更新日:

pingが通るのに、アプリが上手くつながらないなんてことはないでしょうか?
またはpingがたまに途切れることはないでしょうか?

非常に簡単なネットワーク(むしろこれを推奨します)
ならまずあり得ないことでしょう。

しかし現実はそうではありません。

そういう場合にまず疑ってほしいのはルーティングです。
双方からtracert(linux:traceroute)をして経路を確認することをお勧めします!

さらにありがちですが注意しなくてはいけないことは、
traceした結果はルーターの入り口のIPが表示されるということです。
出口ではありません。
そのため双方からtraceしても当然結果は異なります。
しかし、同じルーターを経由していることは確認できるはずです。
同じルーターかはネットワーク管理者しかわかりません。

にたような現象を、以前も
ロードバランサー配下にあるサーバー間のデータ通信とソースNAT
という記事で紹介しました。

なぜpingが通ってしまうのかが私にはわかりませんが、
現場ではよく?遭遇します。

パケットの行きのルートと帰りのルートは同じでなくはならないのです。

くれぐれもご注意ください。
テストではOKだったものが、真夜中になってエラーを吐き出すこともあるかもしれません :x001:

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Network
-

執筆者:

関連記事

SSG5のブリッジグループとNetscreenのポートモード

SSG5ではブリッジグループと呼ばれる機能があり、 各ポートをどのグループに設定するかを自由に設定できます。 同じグループに所属するポートはスイッチとして機能して同じセグメントに所属できます。 一方N …

Aterm BL150HVでポート開の設定をする

PLANEXのCS-WMV04Nというネットワークカメラを購入したので外部からアクセスできるように、 ルーターの設定をしました・・・ が、これが以外とてまどりました :x001: INDEX1 ポート …

ロードバランサー配下にあるサーバー間のデータ通信とソースNAT

今回紹介するのはロードバランサーがぶら下がっているグループ間の話しです。 サーバーAから、サーバーB,Cにある仮想IPへアクセスする場合に必要となります。 もちろん実IPを使用する場合には必用ありませ …

tracertで表示されるIPとは

ネットワークエンジニアでなくても ルートの確認に使用したことがあるだろう tracert(windows) traceroute(linux) のIPはどこのIPなのでしょうか。 ネットワークが変わる …

ルートの追加と削除(Windows Linux)

windowsのルートの追加・削除 route add [オプション] [宛先IP] mask [mask] [gateway] metric [metric値] if [if値] オプションの-pを …