猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

telnetでポートが開いていることを確認する

投稿日:2013年6月1日 更新日:

インターネット上でテストをする際には、
ルーターでpingを返さないことはざらにあります。
そんな場合でも、相手のアプリが指定したポートだけは開けていなくては話になりません。

そんな場合にはtelnetで確認しましょう。
ポートの指定ができるので便利です。

telnet [IPアドレス]△[ポート番号]
として、黒い画面になったら
CTR + ]
を入力します。

Microsoft Telnet クライアントへようこそ

エスケープ文字は ‘CTRL+]’ です

Microsoft Telnet>

と表示されればquitで抜けましょう。
ポートが開いていることを確認できます。

 
C:>telnet 192.168.100.99 80
 ↓
黒い画面
 ↓
CTR + ]
 ↓
Microsoft Telnet クライアントへようこそ

エスケープ文字は 'CTRL+]' です


Microsoft Telnet>
 ↓
Microsoft Telnet> quit

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows
-

執筆者:

関連記事

route deleteで削除できないルート

route deleteで削除できないルートがあります。 それは、 ネットワーク接続 > プロパティ > インターネット プロトコル XXX   > プロパティ > 詳細設定 によって設定されているI …

windows

Windowsで時刻の同期間隔を設定する

Windowsで時刻の同期間隔を設定するにはレジストリを更新するだけです。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\T …

windows

リモートPCのサービスを操作する

遠隔地のPCのサービスを再起動したい場合って、ほとんどないのですがたまにあります。 そもそもPC Anywhere等をインストールしていればよいのですが、そうしたソフト自体がフリーズすることがあるから …

windows

コマンドプロンプトの文字コードを変更する

めったに必要ありませんが、 コマンドプロンプトの文字コードはデフォルトではShift-jisです。 androidやwebの開発等でUTF-8にしたい場合もあります。 現在の文字コードを確認するには …

windows

タスクマネージャーでCPUのコア毎の使用率を確認する

最近はデュアルコア(=コア2)、クアッドコア(=コア4)が当たり前になってきました。 プログラマーもそれなりのコードを書かなくてはいけない場面も多いと思います。 Windows8なら、タスクマネージャ …