猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Windows

WindowsをNTPサーバーにする

投稿日:2013年5月3日 更新日:

Windowsも簡単にNTPサーバーにすることができます。
レジストリの設定もしくは確認が必要です。

①レジストリ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpServer\Enabled
を1にする。

②レジストリ

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\W32Time\Config\AnnounceFlags
を5(0x5)にする。

一応パラメーターの意味は以下の通り
0x1 明示的にタイムサーバーであることを公開する
0x2 Windows Time サービスの設定によって、自動的にタイムサーバーであることを公開する
0x4 明示的に信頼できるタイムサーバーであることを公開する
0x8 Windows Time サービスの設定によって、自動的に信頼できるタイムサーバーであることを公開する
0x5 0x1 と 0x4 をあわせたモード
0xa 0x2 と 0x8 をあわせたモード (デフォルト値)

③サービスの再起動

コマンドプロンプトで

net stop w32time
net start w32time

と入力すればOKです。

WindowsのNTPサーバーにLinuxから同期できない

WindowsのNTPサーバーにLinuxから同期できないという現象が発生して苦労しました。
・WindowsのNTP ← Windowsクライアント 同期OK
・WindowsのNTP ← Linuxクライアント 同期NG
・LinuxのNTP ← Windowsクライアント 同期OK
・LinuxのNTP ← Linuxクライアント 同期OK
という結果です。

なぜかntpq -p で確認するとlocalと同期してしまうのです。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
 192.168.0.10   133.243.238.243   2 u    9   64   17    0.207   15.274  15.012
*LOCAL(0)        .LOCL.           4 l    6   64   17    0.000    0.000   0.001

あきらめて、linuxをNTPサーバーにしたのですが、
後日linuxからwindowsのサーバーに同期してみると、簡単にできてしまいました・・・ :x001:
何故かWindowsNTPはStratum2なのに、Stratum10 のローカルと同期してしまうのです。

ネットで色々検索してみた結果の抜粋・・・

(RedHat Fedra Core 4およびRedHat Linux 8.0を利用)では、・・・ntpdは権威あるNTPサーバとして設定されたWindows Timeサービスから、時刻同期を行うことはなかった・・・。
これはntpdがStratum 1のNTPサーバに直接時刻同期を行うような場合、ローカル・クロックの分散の値がごく小さい場合以外、十分に精度のある時刻と見なさず、ポーリングを行っても実質同期しないためと考えられる・・・。

とか

上位の NTP サーバーと同期が取れていない際に NTP クライアントから時刻同期の要求が来ると、Stratum “0” を応答します。
結果Stratum “0” を受け取った NTPクライアントと自身との間で時刻同期に失敗する・・・

とか、w32tmのログを出力したりしましたが、よくわかりませんでした。

結果として時間が解決してくて、1日経てば同期できるようになりました・・・。
解決にはなっておりませんが参考までに・・・。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Windows

執筆者:

関連記事

windows

windows8のコマンドプロンプトでcdでd:へ移動しない

いままでのos(xpなど)では c:\>cd d: でDドライブに移動できたとおもったのですが、 いつのまにか c:\>cd /d d: となっていました・・・。 D:>help c …

windows

コマンドプロンプト(バッチ)でファイル毎の処理をする

forでファイル毎の処理をする コマンドプロンプトのforには強力な/Fオプションがあります。 set yyyy=%date:~0,4% set mm=%date:~5,2% set dd=%date …

windows

csvの数値をエクセルで正しく表示する方法

csvファイル(カンマ区切りファイル)をエクセルで開くと、 先頭のゼロが消えたり、勝手に日時に変換されたり面倒です。 それを理解した上で、 文字列として開いてくれたり、いっそのことメモ帳で開いてくれる …

windows

リモートPCのサービスを操作する

遠隔地のPCのサービスを再起動したい場合って、ほとんどないのですがたまにあります。 そもそもPC Anywhere等をインストールしていればよいのですが、そうしたソフト自体がフリーズすることがあるから …

windows

batファイル名の落とし穴・・・連続実行されてしまう

windowsのコマンドプロンプトを少しかじったことがあればxxx.batという名前のバッチファイルなるものを作成することがあるでしょう。 コマンドをバッチファイルにしておけば、 ダブルクリックで実行 …