猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ntpq -pの見方

投稿日:2013年5月2日 更新日:

ntpdを起動してもすぐには同期されません。
同期の状態を確認するのに使用するコマンドが
ntpq -p
です。

# ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
*ntp-b2.nict.go. .NICT.           1 u    1   64  377   91.074   20.475  82.456
 LOCAL(0)        .LOCL.          10 l   57   64  377    0.000    0.000   0.001

ntpdを起動したての状態ではまだ同期が始まっていません。
同期が開始されれば、remoteの左に同期しているサーバーに*がつきます。
また、複数設定している場合には、同期可能なサーバーに+がつきます。

refid:参照しているサーバーの、更に上位のNTPサーバです。
st:stratum番号、サーバーが第何階層か示す
when:前回サーバーを参照してから経過した秒数です。pollに達すれば再度参照します。
poll:参照する間隔(秒数)です。
reach:過去8回の参照結果です。同期したした場合1、同期しなかった場合0です。
8進数で表示されており、
毎回同期されると377(8進数)となります。つまり11111111(2進数)です。
delay:ポーリングインターバルの遅延見積もり(単位:ミリ秒)
offset:NTPサーバとのずれ(ミリ秒)
jitter:NTPサーバがどのくらい正確なのかを示す指標です。値が小さいほど正確。

時刻の同期には
step方式:時刻のずれを即座に修正
Slew方式:時刻の進み具合をずらしていくことで、少しずつ時刻を合わせていく方式
があり、ntpdはSlew方式です。
そのため同期されるまでみまもる必要があります。

システムに問題がなければ、
ntpdate [サーバー] で一気に同期することも可能です。
ntpdateを使用する場合はntpdは停止する必要があります。

# service ntpd stop
ntpd を停止中:                                             [  OK  ]
# ntpdate ntp.nict.jp
30 Apr 04:50:51 ntpdate[27842]: step time server 133.243.238.244 offset -6.239400 sec
# service ntpd start
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]

蛇足かもしれませんが、
ntpはudp123ポートを使用しています。
同期されない場合は、NTPサーバーやルーターのファイヤーウォールを確認するといいかもしれません。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

linuxの最大ファイルサイズの確認

INDEX1 ファイルシステムの種類を調べる2 ブロックサイズを調べる3 linuxのカーネルバージョンを調べる ファイルシステムの種類を調べる 以下ext3での最大ファイルサイズの調べ方です。 df …

linux

SELinuxの概要

INDEX1 SELinxの概要2 SELinxのチェックの流れ3 確認4 ドメインの確認 SELinxの概要 プロセスがファイルなどのリソースにアクセスする際に、通常のLinuxのアクセス制御(パー …

linux

wgetでproxyを使用する

wgetの簡単な利用方法は以前紹介しました。 wgetの利用方法 今回はproxy経由でアクセスする方法です。 オプションでは指定できません。 /etc/wgetrcを編集する必要があります。 # v …

linux

linuxでGUIのネットワークが表示されない

コマンドも便利ですけど、GUIはもっと便利です・・・。 まずはインターフェイスファイルを編集します。 これを編集して保存すると、ネットワークが切断されます。 リモートで作業している時には注意が必要です …

PHPでは文字列の比較に==を使用してはいけない

==を使用しても、文字列の比較にはなりません。 必ず「===」もしくは「strcmp」を使いましょう! 否定する場合は「!==」です。 もし「==」とすれば”00″は&#822 …