猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ファイルに付いた行末の「^M」を削除する

投稿日:2013年3月25日 更新日:

Windowsで作成したファイルの改行コードはCR+LFです。
しかしLinuxの改行コードはLFだけなので、転送方法によってはWindowsで作成したテキストファイルをviで開くと、すべての行末に「^M」が表示される場合があります :x001:

viで
:%s/検索文字列/置換文字列/g
つまり
:%s/^M//g
と入力すればいいわけです。

しかし、「^M」をそのまま入力しても消せません。
「^M」は制御コードを表しているからです。

^Mを入力するには、[Ctrl]+[V]キーを押してから、[Ctrl]+[M]キーを押す必要があります。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

samba(共有)の設定

ユーザーのホームディレクトリを隠す publicは見せたいがユーザーのホームディレクトリは非表示にしたい場合がある。 その場合は/etc/samba/smb.confの [global]設定のデフォル …

linux

169.254.0.0 は APIPA (Automatic Private IP Addressing)

routeコマンドをしてみて下さい。 # route Kernel IP routing table Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use …

linux

linuxにSSHでログインする時に時間がかかる

login as: root root@192.168.171.128’s password: ←ここで時間がかかる! Last login: Fri Jan 11 18:30:24 2013 fro …

linux

ntpq -pの見方

ntpdを起動してもすぐには同期されません。 同期の状態を確認するのに使用するコマンドが ntpq -p です。 # ntpq -p remote refid st t when poll reach …

linux

findとxargsとgrep

ファイルやディテクトリを検索するfindコマンド。 標準入力からにコマンドを作成するxargs。 これらを利用して、findで見つけたファイルのなかからgrepで必用な行を抜き出せます。 INDEX1 …