猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ファイルに付いた行末の「^M」を削除する

投稿日:2013年3月25日 更新日:

Windowsで作成したファイルの改行コードはCR+LFです。
しかしLinuxの改行コードはLFだけなので、転送方法によってはWindowsで作成したテキストファイルをviで開くと、すべての行末に「^M」が表示される場合があります :x001:

viで
:%s/検索文字列/置換文字列/g
つまり
:%s/^M//g
と入力すればいいわけです。

しかし、「^M」をそのまま入力しても消せません。
「^M」は制御コードを表しているからです。

^Mを入力するには、[Ctrl]+[V]キーを押してから、[Ctrl]+[M]キーを押す必要があります。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

linuxのディレクトリの削除

ディレクトリの削除にはrmdir(remove directory)を使用します。 #rmdir directory しかし、これでは削除対象のディレクトリにファイルやサブディレクトリがあれば削除でき …

yum install php-mysql

いつもyumで何をインストールしたらいいかを忘れるのでメモ・・・ 今回はphp.iniの設定等は省略です。 INDEX1 PHPをインストール2 php-mysqlをインストール3 (おまけ)PHPを …

tracertで表示されるIPとは

ネットワークエンジニアでなくても ルートの確認に使用したことがあるだろう tracert(windows) traceroute(linux) のIPはどこのIPなのでしょうか。 ネットワークが変わる …

WMwareのネットワークアダプタ

WMwareのネットワークアダプタには3種類あります。 インストールすると勝手に VMware Network Adapter VMnet8 なるものが付随していきます。 INDEX1 ブリッジ接続( …

linux

samba(共有)の設定

ユーザーのホームディレクトリを隠す publicは見せたいがユーザーのホームディレクトリは非表示にしたい場合がある。 その場合は/etc/samba/smb.confの [global]設定のデフォル …