猫型iPS細胞研究所

Windows、Linux、iOS、DB、Network

Linux

ファイルに付いた行末の「^M」を削除する

投稿日:2013年3月25日 更新日:

Windowsで作成したファイルの改行コードはCR+LFです。
しかしLinuxの改行コードはLFだけなので、転送方法によってはWindowsで作成したテキストファイルをviで開くと、すべての行末に「^M」が表示される場合があります :x001:

viで
:%s/検索文字列/置換文字列/g
つまり
:%s/^M//g
と入力すればいいわけです。

しかし、「^M」をそのまま入力しても消せません。
「^M」は制御コードを表しているからです。

^Mを入力するには、[Ctrl]+[V]キーを押してから、[Ctrl]+[M]キーを押す必要があります。

Gooleアドセンス用336

Gooleアドセンス用336

-Linux

執筆者:

関連記事

linux

ntpdの設定

ntpの設定は/etc/ntp.confで行います。 serverさえ設定してしまえばいいわけですが、 その他設定も少しあります。 INDEX1 restric2 server3 driftfile …

linux

viで先頭行・最終行・指定行へ移動する

■先頭 1G gg ■最後 G 最終行に移動します。 ■行指定 [数字]G :[数字] 最後に、行番号の表示 :set nu たまーに大きなファイルを開くと必要になるんですよね :x001: 【改訂新 …

yum install php-mysql

いつもyumで何をインストールしたらいいかを忘れるのでメモ・・・ 今回はphp.iniの設定等は省略です。 INDEX1 PHPをインストール2 php-mysqlをインストール3 (おまけ)PHPを …

linux

vmware上のCentOSに仮想化ソフトxenをインストールする(3)ドメインUのインストール

ドメインUのインストールはvirt-installコマンドで行います。 インストール自体は簡単ですので、 ここでは2点ポイントを紹介します。 メモリー不足のためのエラー 下記のようなエラーが出る場合が …

linux

cronのmailを送信しないようにする

You have mail in /var/spool/mail/root というメッセージを見たことがあるでしょう。 cronを起動するとmailが送信されます。 そして例えば、1分毎にcronを起 …